« 演奏会のお知らせ | トップページ

2018年1月19日 (金)

N響Bプロ(1/17)

完売だし、ソリストは小山さんだし、演目も親しみしみやすかったのに、空席が目立ったのは、やはりインフルエンザの流行だろうか。知人も体調が悪く、前半でリタイア。

指揮、ダーヴィト・アフカム氏、ピアノ、小山実稚恵氏。

「交響詩『ドン・ファン』(R・シュトラウス)」。おっかしぃなぁ~。気分が高揚して来ない。リヒャルト大好きな御方は、すでにノリノリで弾いておられるし、ホルンの1番は今井さんなのにさ。

多分(きっと多分)、ホールに来る前に法事の打ち合わせでお寺に行き、昨年の1月Bプロは、心身ともに疲労困憊で、それこそ前半でリタイアしたことなどを思い出したりしていたので、音楽に入り込めなかったのだろう。う~ん、最近何かと引きずることが増えたな・・・。

「ピアノ協奏曲 第20番(モーツァルト)」。はっきりと書いちゃおう。私はモーツァルトがあまり好きではなく、そしてそのピアノ協奏曲は嫌いだ。、もちろんアイネクであるとか、K136であるとか、ラッキーナンバーはあるけれど、総じては求めて聴かない。ほんでもって、このプロの中にあって、モーツァルトは異質に思え、演奏は素晴らしいのに(小山氏のピアノは大好きだからね)、聴きながら違和感が拭えない。

もしかして、このプロで週末に地方公演をするから?まさかね…いや、ありうるかもな。

「歌劇『ばらの騎士』組曲(R・シュトラウス)」。さて気を取り直して後半である。ふむ。指揮者も熱演であり、オケもしっかりとその具象化に努めていたようには見受けられますが、不思議な感じもした。音楽の完成度としては十分であるのに、このタクトは更なるなにかを求めてるのではないか。否定しているわけではないのだが、指揮と音楽の完璧なシンクロが快感だからなぁ・・・って、それはお前の感性だろうがっ!>自分

そーゆーことをお話しできて、かつ、それについてニコニコと教えてくださる人は、今宵降りであったので、とりあえずは、ホルンの1番様とパーカスのシンバル様に、盛大なる拍手を送り候。

「バレエ音楽『ラ・ヴァルス』(ラヴェル)」。この曲が演目にあればこそ、初台に行く算段をしなかったのだが、はい、第三者的なる感想として、好演でありました。指揮ももちろんよろしかったですが、コンマス様の力、大したものですな。

この、何か奥歯にものの挟まったような感想の所以はですね、「ラ・ヴァルス」は、大野さんとリヨンでこれ以上のものはないと感じるほどの演奏を聴いているからでして。もうこればっかりはどうしようもないんである。

でも、楽しかったよ。

« 演奏会のお知らせ | トップページ

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/72723191

この記事へのトラックバック一覧です: N響Bプロ(1/17):

« 演奏会のお知らせ | トップページ

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]