« ラ・ルーチェ弦楽八重奏団 vol.4(7/12) | トップページ | die Forsezung »

2017年10月18日 (水)

Andiamo Part2 (7/21)

「~第1回 World Wideに活躍する演奏家の世代を超えた共演~」とのサブタイトルがつく。

詳細はこちら にまだあるけれど、リンク切れしてしまったらごめんなさいで、そしてこのブログには演奏の感想はほぼない・・・と思う。

2001年に仙台のコンクール で私は「スヴェトリン・ルセフ」というヴァイオリニストを知った。あの頃とても親しくしていた友がコンクールの事務局にいた関係で、知ることができたのだが、彼が優勝しら時のチャイコンは、少しおすましのフランス風チャイコンだった。

(セミファイナルのショスタコが凄かったとは、その後知り合ったルセフファンから聞いた。彼女が生まれて初めて思わずスタンディングをしてしまったとの演奏は、今でも語り草・・・一部的にだけどさ。)

記憶が定かではないのだが、コンクールの優勝者には副賞として、王子ホールでのリサイタルと、ガラコンンとは別に、コンクールオケとの演奏会があったと思う。その演奏会が、毎年すみだトリフォニーで開催される「地方オケフェス」と重なり、あ・・・そのブログは破棄してしまった最初のだった・・・。

とにかくそれは(多分)2002年の3月で、そこで聴いたチャイコンで私は「ぶっ飛んだ」。それ以外に表現する言葉を持たないなぁ。そして、その時の彼のステージマナー(立ち姿)にも、いたく感銘を受けたのだった。

好みの話ではあるが、ステージ上で落ち着きのない演奏家は、聴く側も注意力がそがれる。皆それぞれの演奏スタイルとしての「動き」はあるけれど、そうでないものもある気がするんだな。そして私はどちらかといえば「仁王立ち」的な人が好きだ。

(某王子がそうなんですね。立って演奏することはそれほどないポジションの御方なので、初めてそれを見ると、皆様驚くらしい。でも素敵だわよ。)

まぁ、なんやかやで、来日した時には、何とか時間を作って聴きに行っていたのですが、霧島国際音楽祭で、今宵のピアニストの大須賀氏とご縁ができ、このような演奏会ができる運びとなった次第であります。

大須賀氏に感謝感謝。

そして次回もあることを願って。

« ラ・ルーチェ弦楽八重奏団 vol.4(7/12) | トップページ | die Forsezung »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/71998980

この記事へのトラックバック一覧です: Andiamo Part2 (7/21):

« ラ・ルーチェ弦楽八重奏団 vol.4(7/12) | トップページ | die Forsezung »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]