2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 第31回 オーケストラの日(3/31) | トップページ | 4月 »

2017年5月 3日 (水)

東京・春・音楽祭 シューベルトの室内楽 Ⅰ(3/31)

~ ピアノ五重奏曲 《ます》、ピアノ三重奏曲 ~のサブタイトル。

出演者はこちら

演奏順はトリオ→クィンテットだったけれど、「ます」から書こう。

私は変奏が好きである・・・と気づいたのはいつ頃からだろうね。室内楽を聴く機会が増えたからだろう。もちろん管弦楽曲にも変奏はあるけれど、一つの主題が次々に渡っていくその面白さを体感できるというか、その面白さは室内楽のほうが大きい。

「ます」を聴く機会は多く、そして、よくあるパターンとして「まず歌曲(4楽章)から入る」であったので、その反動でもないだろうが、1楽章の方が好きな時代が長く続いた。もちろん今もそうかも知れないのだが、4楽章の変奏の楽しさを教えてくれたのは、私が世界中で最も好きはチェリスト様でありまして・・・ま、それは別の話だ。

そして、今宵とて、その変奏も楽しみながら全楽章を堪能して・・・はとても無理な話だった。

トリオが圧巻であったが故。

演奏者の技量とかそういうものではないのだが、何だろうね。演奏者3人がそれぞれ思うシューベルト、そして私が思うシューベルト、それを取り巻くホールの中すべての人の思うシューベルト。それが大きな渦となり、心に流れ込む。

ダブルヘッダーの身体にはちとキツかった。

また聴く機会があったなら、今度は心身共に「シューベルト!」という状態で聴きたいと思う。

(東京文化会館 小ホール D列)

« 第31回 オーケストラの日(3/31) | トップページ | 4月 »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/70457963

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・春・音楽祭 シューベルトの室内楽 Ⅰ(3/31):

« 第31回 オーケストラの日(3/31) | トップページ | 4月 »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]