2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 旅するヴァイオリン vol.63 ~モーツァルトからベートーヴェンへ~(3/27) | トップページ | 東京・春・音楽祭 シューベルトの室内楽 Ⅰ(3/31) »

2017年4月21日 (金)

第31回 オーケストラの日(3/31)

リンク切れしていたらごめんなさいなのだがこのような企画 なんである。毎年3月31日と決まっていて、マチネなので仕事が休みでないと行けないのだが、今年はソリストがルセフでしかも休みときたもんだ。

この日は上野でソワレもあり、そっちのお連れが、どうやら仕事がオフらしいとわかり、「ちょいと来ない?ルセフのシベコン凄いよ~。」と言ったら、喜んで来てくれた。一人で演奏会に行くのは全く苦にならないけれど、このイベントは開演前のロビーが楽しいんである。

子供たちのためには様々な企画もあるけれど、首都圏オケがそれぞれブースを出していて、パンフレット配ったりグッズを売ったりしておりまして、そーゆーのって、お連れがいると楽しいじゃないですか。

(「金髪王子饅頭」なんて販売してたこともあったんです・・・もちろん総統閣下がお怒りになる前の話ですが。)

その楽しさの中でついついその気になってしまう「あ、これ聴きたい!」・・・インキネンの「ラインの黄金」をポチってしまいましたとさ。

祝祭オケはプロ集団とは言え、「何となく合わせられちゃう」とは言え、やはりどことなく線が細い気もしたが、何せソリストがソリストなので、そんなことはどうでもいい・・・と言ったら失礼か。好き嫌いが分かれる音かも知れないのだが、お時間ありましたら。youtube でルセフを検索すると、チョンさんと共演しているシベコンがヒットするはずだ。

私はあのような彼の演奏を心から愛するんであります。

そして考えていたこと。大野さんが音楽監督に就任されたので都響会員になったけれど、大野さんが振らなくても、都響を聴きに行く機会が増え、N響のAC定期にほとんど行かなくなってしまった。仕事との兼ね合いもあるが、ホールのせいでもあるので。私はサントリーの響きが一番好きだが、その次が上野で、そうなると都響に行くことになる。

では他の在京オケには行かないのか?と言えば、土日のマチネが多いんだなぁ。そりゃ仕事を休むことは可能ではあるが、年明けに家庭事情が大きく変化して、土日は家にいることにしようと考えるようになった。

てなわけで、今後はどうするかと言えば、平日夜に「聴きたいホールで聴きたい曲を聴こう」ってな感じですかな。


« 旅するヴァイオリン vol.63 ~モーツァルトからベートーヴェンへ~(3/27) | トップページ | 東京・春・音楽祭 シューベルトの室内楽 Ⅰ(3/31) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/70334464

この記事へのトラックバック一覧です: 第31回 オーケストラの日(3/31):

« 旅するヴァイオリン vol.63 ~モーツァルトからベートーヴェンへ~(3/27) | トップページ | 東京・春・音楽祭 シューベルトの室内楽 Ⅰ(3/31) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]