2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 都響スペシャル「第九」(12/23) | トップページ | Beste 3 von diesem Jahr (das Orchester) »

2016年12月28日 (水)

かんぽ生命 presents N響第九 special Concert(12/27)

詳細に関してはこちら をご覧下さいませ。

冠でボッタクリの第九であるが、サントリーならではの「響きの良さ」もあるし、オルガン演奏も聴ける。終演後にはそれなりにいいこともあったりする。そして今年はブロム翁となれば、完売のほぼ満席。

さて何を書こうか。

初日(NHKホール)に職場の同僚が聴きに行き、私はラジオで聴いていた。こりゃ凄い!と思い、翌日同僚にその興奮を話したところ、彼女は首をかしげた。ソリストと合唱団のバランスが悪く、ソリストがかきけされるように感じたのだそうだ。

3階サイドを買っていたので、聞こえづらいとは思えない。そうか、放映でマイクに拾われる声は何かにマスキングされないんだな・・・って今頃そんなこと感心してどうするんだ。

ということで、それを頭の片隅において聴いた第九は・・・合唱団の圧倒的な勝利で終わったが、RAという私の席が幸いして、バランスの悪さは感じなかった・・・どうやら不調だったテナー氏をのぞけばね。

さすがのマエストロもいささかお歳を召して、軽やかに指揮台にジャンプはしないものの、緩急のメリハリある演奏はさすが・・・でも、最終日、少し巻きました?微妙なる戸惑いが流れましたよ。ホールの大きさや響きに合わせて若干の調整をなさったのやも知れませぬ。

合唱団にそれこそ

Ihr struezt nider

ではありましたが、オケの演奏は素晴らしく、そして毎度のことながら、第4楽章116小節からのファゴットの対旋律にはしびれましたね。ほんと、素敵!

来年はまた学生さんの合唱に戻るんだろうか?そしてNHKホールで演奏限りは、あの大人数が必要なんだろうか。国技館や大阪城ホールとは意味合いが違うけれど、でもあの人数は・・・悩ましいことだ。

(サントリーホール RA3列13番)

« 都響スペシャル「第九」(12/23) | トップページ | Beste 3 von diesem Jahr (das Orchester) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/69023804

この記事へのトラックバック一覧です: かんぽ生命 presents N響第九 special Concert(12/27):

« 都響スペシャル「第九」(12/23) | トップページ | Beste 3 von diesem Jahr (das Orchester) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]