2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« かんぽ生命 presents N響第九 special Concert(12/27) | トップページ | Beste 3 von diesem Jahr (ausser Orchester) »

2016年12月28日 (水)

Beste 3 von diesem Jahr (das Orchester)

今年行った演奏会は70回。毎年減少傾向にあるのは、NHKホールにほとんど行かなくなったからだ。渋谷原宿の喧噪に耐えられないのだ。ホールに入れば関係ないだろうと言われればそれまでだが、こればっかりは生理的感覚なのでどうしようもない。

上野と溜池山王と初台だけで、すべての演奏会が聴けるのならどんなにいいだろう。

では毎年恒例の本年度ベスト3。オケ部門。

1.パーヴォ・ヤルヴィ指揮 ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団(12/5)

当然ですな。くどくど言う必要はありません。

2.都響 第813回 定期演奏会Cシリーズ(9/10)

私の好きな交響曲は、順不同で「チャイ5・ブラ2・ベト7・ザグレート・ライン」である。ショスタコはかなり好きなのだが、背景をお勉強する必要があるので、心して聴きにいかねばならない。マエストロ・インバルが振った「ザ・グレート」はまさに王道でありまして、そもそも私をこの曲に誘ったブロム翁の演奏も、ここまでの畏敬を感じさせなかった。

3.サントリーホール30周年記念作曲委嘱 マーク=アンソニー・ターネジ:Hibiki (世界初演)(11/12)

その1週間後のシェーンベルク と争ったけれど、こちらぼほうが心に深く残った。聴くにはなかなか辛いものもあったのだが、作曲者の心はしっかりと受け取ったと思う。

次点はこちら のグレツキ。

明日はオケ以外を書きます。

« かんぽ生命 presents N響第九 special Concert(12/27) | トップページ | Beste 3 von diesem Jahr (ausser Orchester) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/69026568

この記事へのトラックバック一覧です: Beste 3 von diesem Jahr (das Orchester):

« かんぽ生命 presents N響第九 special Concert(12/27) | トップページ | Beste 3 von diesem Jahr (ausser Orchester) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]