2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« N響Cプロ(12/16) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol61 ~Mein Liebkingslied~(12/20) »

2016年12月26日 (月)

都響 第822回 定期演奏会 Aシリーズ(12/19)

首席客演指揮者様、一年のお休みを経てお戻りである。

指揮、ヤクブ・フルシャ氏。

「交響曲 第5番(マルティヌー)」。もしかしたらマルティヌーは4番しか聴いたことがないかも知れない。しかも、ちょっと心身共にかなり疲れていた時に聴いたのだ。N響/マエストロ・ギルバートだったと思うが、かなりの圧巻でまぁ、満足した記憶が鮮明で、それでかなり期待して出かけて行ったのだが。

あんまり面白くなかった・・・。

どこがどう、というわけではないのだが、また聴きたいとは思わないかなぁ・・・。

「交響曲 第10番(ショスタコーヴィチ)」。スターリン亡き後に発表されたこの曲には「待ってました!」が隠されているのか否か。勉強不足にして不明だけれど、結局のところ、二律背反的なものは、ジダーノフがいようがいまいが、彼の曲想として生涯ついてまわったのかも知れない。

マエストロの音楽を、私は「躍動的」と感じる。数年前に聴いた「ハルサイ」を私は年間ベスト3にランクインさせたけれど、全く心躍る音楽をつくる指揮者なんだな。N響でも都響でも、曲目以前に「この指揮者ならば聴きに行こう」と思う指揮者がいて、マエストロ・フルシャもその一人ですね。

(東京文化会館 1階R7列5番)

« N響Cプロ(12/16) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol61 ~Mein Liebkingslied~(12/20) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/68997811

この記事へのトラックバック一覧です: 都響 第822回 定期演奏会 Aシリーズ(12/19):

« N響Cプロ(12/16) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol61 ~Mein Liebkingslied~(12/20) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]