2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Just the Way You Are | トップページ | 演奏会のお知らせ »

2016年11月24日 (木)

Ich liebe dich, ich will dich mir zu glauben.

I love  you and I want you to blieve me をただ訳しただけ。

スタッフという、知る人ぞ知る、アメリカのフュージョン系スタジオミュージシャンが組んでいたユニットがあったのだが、6人のうち3人が鬼籍に入り、自然消滅したって感じ。

(キーボードのリチャード・ティーは、私の神である。youtube でググると、彼のうねるようなアコピが聴けるけれど、大学生の時に、ジャス=フュージョンの世界に足を踏み入れた私には、衝撃的な演奏だった。)

そのスタッフのリーダーでもある、ゴードン・エドワーズなるベーシストは、身長ゆうに2m超えてるんじゃないだろうか。ほとんど巨人であるが、その外見とは全く違う、繊細なる曲を書く。

基本、彼らはインストルメンタルだったが、数少ないアルバムの中に、数曲ボーカル入りがあって、本日のタイトルは「Love of mine」という曲の一節。

まぁ、何とベタなフレーズであることよ。

「こんなんは、日本語じゃ絶対に言えねーよ」・・・と、40年近く前に私に言った人は、お察しの通り今は主人であるのだけれど、邪なる心には、時に外国語は便利なものである。

違反報告が出るかも知れませんが、とりあえず、貼ってみます。


   

神の演奏も貼るか。





(因みにホールはどは違えど、両曲ともライブで聴いている。リチャード・ティーは六本木のピットインで目の前で聴いた。アドリブのみで演奏しているように見えるが、実は楽譜があり、そっとのぞいて見たら、コードがびっしりと書いてあったっけな。)

« Just the Way You Are | トップページ | 演奏会のお知らせ »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/68568296

この記事へのトラックバック一覧です: Ich liebe dich, ich will dich mir zu glauben.:

« Just the Way You Are | トップページ | 演奏会のお知らせ »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]