2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« NHK カジュアルクラシックコンサート@立川(9/9) | トップページ | 都響 第813回 定期演奏会Cシリーズ(9/10) »

2016年9月30日 (金)

ストラディヴァリウス コンサート 2016(9/13)

詳細はこちら をご覧下さいませ。

名手が名器を奏でる。それ以上のぜいたくがあろうか。

とは申せ、こちとら楽器に関する知識など皆無であり、楽器で演奏家の音楽が左右されるなど、聴いてても全くわからない。

それでも、一本で聴けばこれは楽器故なのかと、その響きを感じることもある。千住さんのデュランティの響きは、何度も聴く機会に恵まれ、ホールコンディションで苦労されたこともあったけれど、それでも、音の意志を感じることができた。

多分名器には、感情があるのだろう。だから楽器との意思疎通ができなければ、どうしようもないんだろうな・・・と、このコンサートに来るたびに思う。

名器を持った13名が次々とメンバーを交代しながら、名演奏をしているので、クラクラして酔いそうになったが、とにもかくにもお目当ては、ルセフ様であり、メンデルスゾーンのオクテットであったのだが。

「リベルタンゴ(ピアソラ)/ヴァイオリン6本編」でぶっ飛んだ。諏訪内晶子氏の、オーラが凄まじいんである。演奏している「ドルフィン」の力も相まってであろうか。この曲のあとに休憩があったのだが、すぐに立ち上がれないほどに衝撃的だった。

そして後半のオクテット。ヴィオラが一人しかいないので、団十郎様が、セカンドヴィオラパートを演奏するという、ちょいと変則スタイル。私の席がRAであったことも作用しているのだろうが、またしても、諏訪内氏にノックアトされて終わった。

素人の私見ではあるが、楽器との意思疎通を図り、努力し、楽器もそれに応えたとき、演奏も変貌をとげるのではあるまいか。

2月17日のシベコン、やはり聴きに行くかな。後半はショスタコだしさ。

(サントリーホール RA1列9番)

« NHK カジュアルクラシックコンサート@立川(9/9) | トップページ | 都響 第813回 定期演奏会Cシリーズ(9/10) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/67735575

この記事へのトラックバック一覧です: ストラディヴァリウス コンサート 2016(9/13):

« NHK カジュアルクラシックコンサート@立川(9/9) | トップページ | 都響 第813回 定期演奏会Cシリーズ(9/10) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]