2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Nur die Ausnahme ist Herr Ono. | トップページ | die Schicht »

2016年8月 3日 (水)

das Experiment

 

「実験」。

In diesem monat habe ich kein Konzert. So ich denke, “O, lass mich hoere Mahler, was denn?”

実験というよりも苦行かも知れないのだが(^◇^;)。仕事は普通にあるので、ヒマをもてあましているわけではない。聴きたいCDはたくさん持っている。

それでも、コンサート皆無は精神的に全くよろしくない。その飢餓感は、宴会をしたり、ささやかな夏休みの計画を立てたりすることでは、満たされないものだし。

折しも、ツイッターに都響11月定期の情報が流れていて、4番の予習をしないとならんのぉと思ったこともあり、とりあえず、この一月は、誕生日が一日違いの作曲家と向き合ってみるかと愚考した次第。

好きになりたいとか、そういう思いは微塵もなく、むしろ対決してみっか?的なもので。

とりあえず順番通りに始めましょうか・・・ということで、本日はこれ↓。


Img_20160803_0001

(ジャケット写真のみでリンクはしてません\(__ ))。

感想なども書くつもりはないので悪しからず・・・何せ「実験」であるからして。






« Nur die Ausnahme ist Herr Ono. | トップページ | die Schicht »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、前月は私も「夏」大阪公演に行って来ました。松山公演があるので今井さんの乗り番確実な唯一の公演です。
ところで、大野さんのマーラー4番があるのですね。マーラー大ファンではないですが、ホルンファンとしては無視出来ません。そんなところもホルンに吹かせますかーってくらいの出番、きっとマーラーはホルンが大好きか大嫌いかどちらかだ(笑)そんな中、4番は好きな方です。ホルンはもちろん、4楽章がいいです。
でも興味がない曲を我慢して聴くのは大変じゃないですか?(私は無理です…好きな曲は怪しまれるくらいリピートしますが)

☆ waka 様

お暑うございます。確かにマーラーはホルンの見せ場が多いですよね。私はパスしてしまいましたが、先日マラ5@都響では、カーテンコールにホルン首席様の一般参賀があったらしいです。

私もホルンは大好きですが、二人のリヒャルト(ワーグナーとシュトラウス)で楽しんでいることが多いですね。

「実験」は何かをしながらの「ながら聴き」ですので、かなりいい加減です。でも、こんなことを思いついたときでもなければ、聴こうとは思わないので、やってみようかと。

もちろん、大野さんのマラ4の前には、真剣に予習はするつもりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/66824877

この記事へのトラックバック一覧です: das Experiment:

« Nur die Ausnahme ist Herr Ono. | トップページ | die Schicht »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]