2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 旅するヴァイオリン vol.53 ~無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (11/3) | トップページ | NHK交響楽団 さいたま公演(11/8) »

2015年11月 6日 (金)

Peter Ilyich Tchaikovsky

今日が命日・・・って、時差があるからまだ明日かも知れない。

「チャイ子が1番 ドヴォルザークが2番 3時のおやつはモーツァルトの『魔笛』で ワーグナーは別腹」。

クラシックに関して好きな作曲家は?と聞かれると、私の答えはこのようになる。かつては2番はベートーヴェンだったんだけれど、いや、もちろん今も好きではあるのだが、演奏会を選ぶ時の決め手にならなくなってきたんだわ。

(などと言いながら、来年の4月にワーグナーよりもロトの「英雄」にしようと思うのはなぜだ?)

最近それにR・シュトラウスが加わるようになったのは、もうそれは大野さん故であり、読響と一緒に登った「アルプス」の素晴らしさはまさに桃源郷だった。

(ほんでもって “Ich gern Richard auch .” などと伺って、でへへ~となっちゃったこともあるんだけどさ。)

「モツベトブラチャイ」などとネットで揶揄されることもあるけれど(人寄せパンダ的なプログラミングがしやすいってことだろう)、だからと言って、好きになっちゃいけないことはなかろうて。

そのチャイ子の中でも、ヴァイオリン協奏曲と交響曲5番がとにかく好きで、それこそ演奏会チョイスの大きな決め手なんだけど。

この秋に椿事が。

来週のC定期。後半のメインがチャイ5。しかも乗りと判明。なのになぜかまだチケットを買っていない・・・あぁっ!まちがえてたっ!A定期じゃないの・・・チケット買いました・・・前半は寝てるかもわからんけど。

椿事の一つめは椿事ではなくなったのだが、まだある。

来年の都芸フェス。都響のオール・チャイ子は、日曜日のマチネなので泣く泣くあきらめた。それはしかたない。仕事だから。日フィル。ドボコン&「悲愴」。しかも宮田大氏。火曜日は嫌な予感がするので、直前空席狙い。・・・等々あるが。

N響。ソワレ。しかも休み。ヴァイオリン協奏曲@チャイ子。しかし全く買う気なし。ソリストに不満があるとか、指揮者に不満があるとか、そういうことではないのだ。ホールには大いなる不満はあるけれど。

とは申せ、椿事は結果論。明々白々なる理由は存在しているのだ。大野さんの「ボレロ」が2/27と2/28にある。どちらかはあきらめなくてはならないのだが、有休がとれなかった時の切り札として、2/26をフリーにしておく必要があるからさ。

チャイ子の話を書くつもりが、大野さんの話になってしまいましたとさ。

« 旅するヴァイオリン vol.53 ~無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (11/3) | トップページ | NHK交響楽団 さいたま公演(11/8) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

チャイ5と聞いて反応してしまいました(笑)
そうなんですよ、Aプロチャイ5今井さんですよね…ずいぶん前からもう一人の首席さんが別のコンサートに出演とあったので、行くつもりでしたが、別のイベントとかぶってしまい、迷いに迷った結果今回は見送りました。サントリーホールで聴けるなら絶対行きたいですが…。
またご感想書いてくださるのを楽しみにしてます。

☆waka 様

何せマーラーが苦手なので、チャイ5と言えどもどうしようか…と思っていたのですが、ご本人から「乗りです」と伺えば、やはり聴きに行きたくなるのです。

首席もさることながら、やはり私はチャイ5が好きなのですね。

ご本人とお話しできるなんてすごくうらやましいです。お声も素敵ですよね(ホルンカルテットで聴きました)
去年、こちらで教えていただいて5番を聴きに飛んでいったのを思い出します。素晴らしい5番が聴けて本当に良かった。また教えてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/62387618

この記事へのトラックバック一覧です: Peter Ilyich Tchaikovsky:

« 旅するヴァイオリン vol.53 ~無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (11/3) | トップページ | NHK交響楽団 さいたま公演(11/8) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]