2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 和算 | トップページ | 演奏会のお知らせ »

2015年11月27日 (金)

K.136

Koechelverzeichnis 136 すなわち「ケッヒェル番号136」。モーツァルトのディヴェルティメント。

この曲は私の最大ラッキーナンバーであると、しばしばブログに書くが、それはまごうことなき真実であり、理由も明白である。

演奏者が「マロカン」「マロ様ご一行」「千住真理子とN響メンバー」であることがほとんどであり、そのすべてのセカンドばよりんは白井さんなんである。

仕事が休みの日は、ゴロゴロダラダラと刑事ドラマの再放送を見ているが、今日の科捜研はヴァイオリニストが出てくる話で、弦楽四重奏にて K136 ご登場。実際に演奏してはいないんだけれど、弓の動きが一応そういう風になっていて、あら、意外とちゃんとしてるじゃないの?

冒頭4小節でそれがわかって、じゃぁどうなるかと言えば、セカンドをアップする必要がある脚本でさ、13小節目ぐらいかしらね?セカンドが出てくる場所ありますよね、Dの高音で。果たしてそこでアップしてくれたわけですが。

そこで音が白井さんに脳内変換された。他の音などありえないんだわ。

(リゾナンツァだけは、ファーストを弾いてらっしゃるけれど、あのクァルテットはちょいと別物なのでして…。)

・・・な~んてことを考える休日でした。




これはかなりお気に入りの演奏です。何かで読んだ話だけれど「ムーティはナルシスト気味のところがあり、カメラの角度などを細かく指示する」とかなんとか。

でもこれ見てると、美男子ではあると思うし、指揮が美しい。やっぱり東京春祭行こうか。

« 和算 | トップページ | 演奏会のお知らせ »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/62704140

この記事へのトラックバック一覧です: K.136:

« 和算 | トップページ | 演奏会のお知らせ »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]