2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 第172回 NTT東日本 N響コンサート(10/28) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.53 ~無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (11/3) »

2015年11月 4日 (水)

都響 第797回 定期演奏会Bシリーズ(11/2)

今月ヨーロッパ・ツアーに出る都響。その壮行演奏会・・・的位置づけだな。通常の定期よりボリュームがあったので、疲れた聴衆もいたかも知れない。

指揮、大野和士氏、ヴァイオリン、ワディム・レーピン氏、ソプラノ、イルゼ・エーレンス氏&スザンヌ・エルマーク氏。

プレトークでは、本日世界初演の細川作品の話をするはずで、もちろんそれもあったのだけれど、大野さんはいつも通り「話したいこと満載」の御方であられるので、結局は全部の解説しちゃったりして。来年までお会いできないので、しっかりと聞きましたよ。

「スペイン狂詩曲(ラヴェル)」。何となく「試している」風に始まったと感じたが、大野さんの指揮を眺めながら聴いていくうちに、やはりここには私の幸いがあると思えるのだった。実を言えば、フランス物はそれほど好きではない、もとい、求めて聴くことが少ない分野になるので、「かくあれかし」が私の中にはないのかも知れない。

それは決して悪いことではなく、むしろ変なこだわりがないぶん、純粋に作品を楽しめる側面もあり、それが大野さんの演奏ならばさらに増幅されるってなことだ。

「ヴァイオリン協奏曲 第2番(プロコフィエフ)」。プロコは理解しがたい気もするが、面白い面もある。そして聴くたびに思うことは、ジダーノフ批判に関してもっと勉強しよう!なのだが、果たせずにいる。真の標的、ショスタコを聴くときにはそうならないんだけどな。多分、作品に投影されているものを勝手に理解していると思ってるんだろう・・・それがすなわち、ショスタコを聴くことが苦にならない所以だ。

であるからして、プロコはまだまだお勉強せなばいかんのだが、今宵の協奏曲は、自分の中でなにやら憑き物が落ちたような感があり、

Es macht so Spaess !

なんでそうなっちゃったのかはわからないし、次にプロコを聴いて、同じ思いになるかもわからない。そして、それをもたらしたものが、大野さんではなくソリストの方であったことも私には稀有のことだ。

・・・と言うことで、軽やかな高揚感で迎えた休憩後。

「嵐のあとに - 2人のソプラノとオーケストラのための(2015)[都響創立50周年記念委嘱作品・世界初演](細川俊之)。2011年3月以来、音楽家の皆様はそれぞれのスタンスにあって、現実を直視しこれからを思い、自分には何ができるのかそして何をすべきなのかを、己の中に問うておられる。大野さんも折に触れてそのことを話される。しかし私の中にある

Was soll ich machen ?

には答えは出ない。なので、この曲の根底にあるものを抱えて聴くことは、かなり辛いものがあったのだが、後半のシャーマニズム世界に入ると共に覚醒。二人のソプラノは、ヘッセの「嵐のあとの花」の歌詞を歌っているのだが、それでも巫女のお告げに思える。

そうなると覚醒と同時に起こってくるのは、否が応でものぞき込む我が心の深淵。自分の中で色々と完結できないままに、もう4年もたってしまったが、多分これは終わりのないことであり、であるからこそ折に触れて、こういう作品を聴く機会をつくるべきなのかも知れない。

「交響詩《海》-3つの交響的スケッチ(ドビュッシー)」。仙台フィルとの  ぶっ飛んでしまった演奏を聴いたのが3ヶ月前。あのとき思った「これが都響だったら」は証明された。力強く鮮やかで、しかも静と動を併せ持つ。大野さんの魅力が最大限に発揮されるのは、もちろんオペラだと思うが、交響詩も同じ。アルプスを登った時と同じで、海が目の前にあり(それがどうしても富嶽三十六景的に現れてくるのはご愛敬です)、嵐もそこにある。快感でしかないでしょうが。

終演21時15分。少々長く、そして熱い定期は終わりを告げた。

すでに来季のラインナップも発表になり、大野さんは8回ほどお出ましになる。せっせと通うことにしよう。

« 第172回 NTT東日本 N響コンサート(10/28) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.53 ~無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (11/3) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/62357298

この記事へのトラックバック一覧です: 都響 第797回 定期演奏会Bシリーズ(11/2):

« 第172回 NTT東日本 N響コンサート(10/28) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.53 ~無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (11/3) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]