2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Ensemble Buono ! 6th concert(11/12) | トップページ | Was ist “fuer den Kunde” ? »

2015年11月15日 (日)

N響Aプロ(11/14)

前半がマーラーなので迷っていた定期だったけれど、「乗り」以上のものありて、余は満足じゃ。

指揮、ディエゴ・マティウス氏、ソプラノ、ケイト・ロイヤル氏、ゲストコンマス、ベルンハルト・ハルトーク氏。

「交響曲 第5番 アダージェット(マーラー)」。私はマーラーが苦手である。求めて聴くことはない。大野さんが振らない限り、マーラー故にチケットを買うなどありえない。しかしそんな私でも、この曲ぐらいは知っているし、忌避することもない。今週は小編成オケを続けて聴いたし、その流れで弦楽を聴くのもよろしいじゃない?

・・・と、メンバーが現れるまでは余裕かましていましたんですけれど。

“O ! Auch sind Sie da ?”

東京春祭に続きこれまた失礼な話だが、やはり我が目を疑い、そして内部事情を推し量り、でもデヘヘ~となるのだった。・・・てなわけで、ろくに曲も鑑賞せずに、とにかく眺めて終わる。4月の時にも思ったけれど、あの席にいると、目線の動きが全く違って、あぁ、やっぱりなぁ~と、嬉しかったわ。

明日が仕事でなければ、明日がソワレであれば、聴きに行けたのにね。

「リュッケルトによる五つの歌(マーラー)」。前日、ネットで歌詞がヒットしたので読んでみたら、平易なものであり、だからちゃんと聴けるとたかをくくっておりましたが・・・撃沈。疲れていたということにして下さい\(__ )。

「交響曲 第5番(チャイコフスキー)」。この指揮者、私は2回目なんであるが、実は最初聴いたときにはあまりよろしいことを書いていなかった。指揮に無駄な動きが多いように思ったのだ。大振りとかそういうことではなく、そういう風に動いても、その音は出ないんじゃないかぇ?みたいな感覚。

溢れる才能は感じるし、私が勝手に感じる無駄な動きも、今回はなかったけれど、音楽に意志が感じられなかった、もとい、その指揮にはかな。コンマスを中継点にして、音楽が創られたような気がした。

もちろん、それは悪いことではないだろう。指揮者の音楽の具象化に、コンマスは大きな役割を果たすものなのだ。指揮者の意図をしっかりと感じ取り、オケに伝えることができたなら、それが素晴らしい結果をもたらす(今週はそんなことばかり書いているな)。

であるからして、終楽章の流れなどは、指揮者がそう願った音であり、意思疎通の成功例だと考えるが、3楽章のワルツが何となく上っ面をすべっているような演奏で、気になった。

(でも、終楽章で、とにかくかっこよかったわよ>某御方 それを見てるだけでも幸せ。)

さて。

チャイ5と言えば。

第2楽章のホルンであります。終楽章の某低弦氏のボウイングを眺めるのが至福であるとすれば、このホルンは祈りでございまする。アマプロ問わず、プレーヤー問わず、祈りのポーズで聴くようになって久しい。

今宵は首席様。乗りであることは、前もって伺ってはおりましたが、祈ることには変わらない。終演後の万雷の拍手(ステージ上では足踏み鳴らし~の)に、にこやかな微笑みで挨拶されている首席様を眺めて、やはり聴きにきてよかったと思うのだった。

最後に疑問というか、それとも私の聞き違いか。

冒頭の「運命の動機」が、タンギング効かせすぎのように、妙にリズミカルに思えて違和感があった。放映時に、もう一度確かめてみよう。

(NHKホール 3階C6列10番)

« Ensemble Buono ! 6th concert(11/12) | トップページ | Was ist “fuer den Kunde” ? »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

早々にご感想きかせていただきありがとうございます、とても嬉しいです。チャイコの5番は、今井さんが素晴らしい演奏をなさったのですね。嬉しいと同時に聴きに行けず残念ですが、素晴らしい演奏が記録できることが楽しみです。放送は来年でしょうけど楽しみに待ちます。

☆waka 様

2楽章が始まる前の「ドキドキわくわく感」を、会場で味わう醍醐味ですかね。聴衆の期待を一身に担うホルンのソロですから。

本定期の放映は来年かも知れないのですが、とりあえず、11/24の深夜に、北京公演の放映があります。首席様、乗りでしたのでどうぞごらんになって下さいね。

BSであるのですね!ありがとうございます。北京公演の放送があるとは嬉しいです。今年は「夏」の放送をみつけられず残念に思っていたところでした。
去年のチャイコ、私も気がつけばお祈りポーズでした。並大抵な精神力じゃトップはやれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/62513732

この記事へのトラックバック一覧です: N響Aプロ(11/14):

« Ensemble Buono ! 6th concert(11/12) | トップページ | Was ist “fuer den Kunde” ? »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]