2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 銀座ぶらっとコンサート #98 お昼の名曲サロン vol.13(6/11) | トップページ | N響 Bプロ(6/18) »

2015年6月17日 (水)

都響 第790回 定期演奏会Bシリーズ(6/15)

繁忙期+店舗改装で、いささか疲れ気味。それでも演奏会の予定だけは崩さないと心に決め、頑張って放課後出かけて行きましたが。

はてさてなかなか難しいもので。

指揮、アンドリュー・リットン氏、ピアノ、ウィリアム・ウォルフラム氏。

「ピアノ協奏曲(シェーンベルク)」。私にはハードな曲でしたが、そのハードさをよく考えようと思いながら曲が終了した途端、雄叫び。ブラボーでもブーイングでもなく、ほんとに雄叫び。自己表現としての雄叫びを、真っ向から否定する気は毛頭ないけれど、あまりにも不似合いな表現だった。

多分、同じことを感じた人がたくさんいたのだろう。休憩時間に捕り物があり、まぁ、すったもんだあったようですが、後半では退去されたらしい。

本当に、何をしたかったんだろう?わかりませんな。

「交響曲 第2番(ラフマニノフ)」。客観的に聴けば、柔らかなロマンの香り溢れるいい演奏だったんdじゃなかろうか?でも、何か違う。確かに第3楽章の甘美なる旋律はあれど、もっともっと緊張感のある曲ではなかろうか。とても世俗的なラフマニノフと思えた。

私の中で、エリック・カルメンとは一線を画したい気持ちがあるのだろう。だから、ハードルの高い演奏をして欲しかったのかも知れない。

« 銀座ぶらっとコンサート #98 お昼の名曲サロン vol.13(6/11) | トップページ | N響 Bプロ(6/18) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/60414776

この記事へのトラックバック一覧です: 都響 第790回 定期演奏会Bシリーズ(6/15):

« 銀座ぶらっとコンサート #98 お昼の名曲サロン vol.13(6/11) | トップページ | N響 Bプロ(6/18) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]