2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 埼玉会館 ランチタイム・コンサート 第29回(6/19) | トップページ | Dialogue #2(6/24) »

2015年6月24日 (水)

多摩フレッシュ音楽コンサート 2015 「声楽部門」(6/23)

こういう コンサートで、内容はここ 。(リンク切れしてたらごめんなさい。)

事務局である立川市地域文化振興財団の友の会に入っているので、ご招待でした~。この友の会、なかなかに親切であります。

コンサートでではあるがコンクールでもあり、1位と2位が選出されて年明けにはリサイタルが企画されている。予選みたいなものもあって、そこから6名が選ばれて今宵の出演者。

参加要項などはわからないのだけれど、プログラムを見るに、課題曲はなくて持ち時間で好きな曲を演奏するのだろう。となると、10分前後の持ち時間でも構成力のようなものが必要とされるだろうか。

「演奏したい」、その思いだけではだめなんだよね。白井さんがイギリス館で、しばしば構成に悩んでおられます(というか考えを巡らせる)。今日のブログは個人名を出さないことにしているので、演奏されなかった曲で例を挙げてみると、

例えばトスカを歌った後にミミを歌う。役柄違いますよね。みなさまそれはよくわかっておられたようで、一度袖に戻ったりもしてましたが、それでも緊張はしていたのだろう。

「今私はミミです」「今私はトスカです」・・・それは必要なことなのですが、その気持ちが前面に押し出され過ぎると、こちらは辛い。もちろん、審査員の皆様は、それをふまえてなお、審査なさるのですから、やはり違いますわよね。

指揮者の下野竜也氏は、オケの演奏会に大きなテーマを設定することがある。大野さんもそれはよくなさるけれど、あの御方は時として私たちを置き去りにすることはあります。

(でも私は必死についていきますけれど。)

年明けのリサイタルでは、どのような構成で勝負してくれるんだろう。楽しみだ。

« 埼玉会館 ランチタイム・コンサート 第29回(6/19) | トップページ | Dialogue #2(6/24) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/60494145

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩フレッシュ音楽コンサート 2015 「声楽部門」(6/23):

« 埼玉会館 ランチタイム・コンサート 第29回(6/19) | トップページ | Dialogue #2(6/24) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]