2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 都響 第788回 定期演奏会 Aシリーズ(5/13) | トップページ | Concert For Smiles Vol.27(5/18) »

2015年5月16日 (土)

N響メンバーによる弦楽四重奏 ~ 今宵は とことん CLASSIC ! ~(5/15)

((今宵の会場はスクエア荏原。初めてではないのだけれど、前回はちとバタバタで駆け込んだので気づかなかったのかも知れない・・・開演前や休憩中に、客席内にBGMが流れているのだ。ヨハン・シュトラウスのワルツだったけれど、これって、どう思います?聴きたい曲があって、来ているのに、全く違う曲を聴かされるって、私は納得いかない。ポップス系では、普通だけれど、それはそのミュージシャンの音楽を流しているんだし。今度行く機会があったら、予鈴がなるまでは席につかないことにしよう・・・偏屈女ですみません。)


この演奏会は、3回シリーズだったそうです。1回目は気づいたら完売。2回目 は友と聴いた。3回目はなぜか一人でしたが、そもそもは演奏会は一人で行くことがほとんどなので、どうってことない。

ヴァイオリン:斎藤真知亜・森田昌弘
ヴィオラ:中村洋乃理
チェロ:村井将

「ゴールドベルグ変奏曲より Arua & Quondlibet(バッハ)」。弦楽版を最初に聴いたのが、真知亜さんの演奏だったからだろうか。合奏版よりトリオの方が好きだと思う。

「ハンガリー舞曲 第5番(ブラームス)」。真知亜さんとは、あまりお話をしたことがないのですが、どうもチャプリンがお好きのようです。たまたま私も知っていたのだけれど、「独裁者」の中で、理髪師がこの曲に合わせてひげそりをする場面がありまして、それと同じに、おもろ楽しく、ちと振り入りで演奏されました~。

「愛の挨拶(エルガー)」「愛の夢 第3番(リスト)」「愛の喜び(クライスラー)」。

主催者のリクエストによる「愛の三部作」(爆)・・・とトークで仰いましたわ。前半は、カジュアルな曲が多かったのですが、そうだな、聴きに来ているみなさまも、それほどガチなグループではなかったと思う。

余談になるが、クラシックの聴衆は、圧倒的な男社会である。女性のクラシックファンだって、そりゃいますけれど、女性比率の高い演奏会はヒジョーに少ない。でも、今夜のような、地域のホールで少しくだけたプログラムを組めば、誘い合わせて来るのは、女性が多くなる・・・ってことは、つまり、夜出かけるのが大変てことですかしら?

妻でも母でも嫁でも、家族が帰宅する時間に、家にいなければならないなんて、おかしい。でも、家庭の事情もあるだろうしね。・・・ということで、主人に一応感謝しておくか(笑)。

「白鳥(サン=サーンス)」。真知亜さんはトークもお上手で、しかも小ネタ満載なので、少しカジュアルな時には楽しくてしかたないのですが(もちろん、ガチの時には深遠なる内容にもなりますよ)、初めて知る驚きの事実。

Saint-Saëns これはフランス語の綴りですが、普通に使うフランス語ではあまり見かけない単語なのだそうで、読めないフランス人がたくさんいるんだって( ・_・;)。

Wieder was gelernt !

当たり前ですが、村井さんがソロを演奏します。「何回ぐらい演奏されてます?」「・・・たくさん」。そーでしょー、そーでしょー。チェロの代名詞のような曲かも知れないものね。でもさ、この曲って、日本音コン2次予選課題曲だったりもするのよ。

スポットの中で演奏する村井さんは、とてもとても素敵でしたが・・・しょうがないじゃん、私が一番好きなチェリストの演奏を聴いてるもん。

「チャールダーシュ(モンティ)」。ばよりん2本編成を聴きなれているので、実に新鮮でありましたが、そんなことより、とにかく凄い!「超絶早弾きロマ楽団」ですかいな。長(おさ、と読んでね)は、自由気ままとでも表現したいほどに、自在に演奏しまくり、そして、それを支える楽団員の・・・中村さんが、これまた凄いですわぁ~。

「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク(モーツァルト)」。弦楽四重奏を聴いたことはあったかしら?あるかも知れないけれど、真知亜さんが「普通はコントラバスがあります」と話して、思い出したことがある。1月に秋川で  この曲を聴いたときにはコンバスがおりました。

いつもにまして、あの御方の演奏が心にしみて、例によって押しかけてキャァキャァ言っちゃったら「今日はコンバスがいたから楽だった」と。「楽」とは手抜きではなく、下支えがあるので安心して弾けるということだったと思います。

となれば、四重奏の低弦はそれなりに大変なのであろうし、そこで中弦がその一端を担う感じなのかも知れない。中村さんの安定感、素晴らしいと感じた。

「弦楽四重奏 第12番『アメリカ』(ドヴォルザーク)」。前回、1楽章だけ演奏されまして、森田さんの存在感の半端なさに驚いたけれど、普段あまり意識していなくても、突然に2ndの重要度がわかるってことがあるのよね。

某クァルテットの2ndは、しっかりがっつり、演奏の要だし、某オケの2nd首席代行様は、さっさと首席になってくれ~~~ですわ。ヴァイオリンの2パートの関係は、今ひとつわかってないところもありますが(ワルツは「チャッチャッばかりで~」とは笑い話)、でも、大切は大切なパートであることはまちがいない。

とは申しましても、「チェロを愛したドヴォルザーク、ドヴォルザークに愛されたチェロ」でございますので、あぁ、村井さん、ノリノリだよぉ~。かっこいいわぁ~。

ステージの上が相当暑かったたしく、真知亜さん、汗かきかきの熱演でしたが、それはすなわち、湿気という、弦楽器の天敵があらわれたと同じで、微妙にチューニングがすれ出して、でも、それを修正しながら合わせるのは、さすがプロだと思いました。

アンコール「糸杉より(ドヴォルザーク)」。

もうこれで終わりかと思ったら、とても悲しかったですね。もちろん、ガチの演奏会も聴きたいけれど、少しカジュアルで、でも全曲演奏もある(これ大事)、そんな室内楽の演奏会、また機会があるといいな。

(途中 敬称略)

(スクエア荏原 ひらつかホール 3列7番)

« 都響 第788回 定期演奏会 Aシリーズ(5/13) | トップページ | Concert For Smiles Vol.27(5/18) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。演奏会前のバックミュージックについて、同感です。「今はこの曲しか聴きたくない」とか思う人間なので、それはちょっとイヤですねぇ。
2月の名古屋公演に今井さんがお越しにならなかったのでしばらくいじけてましたが(笑)先日ようやくレ・プレリュードの放送を聴きました。ステキでした。4月は私の大好きなブルックナーに乗られたようで…Bじゃなければ絶対に2日とも聴きたかったです。
今日は名古屋に金管五重奏として今井さんがいらっしゃるので、生のホルンを堪能してきます。

☆waka 様

そう思うでしょう?音に関して無頓着な人が、世の中多いと思います。

ブルックナーは、スコアに指揮者さんの手が入っていたので、少し演奏しづらかったとは仰ってました・・・でも、冒頭のソロ、素敵でしたよ(^.^)。

今回のB定期はブラ2で、降りと伺って「えぇ~?」と思わず発してしまいましたが、N-craft でツアー中ですものね。自分でも東京公演のチケット買っておきながら、忘れていました。

wakaさんの方が、先に聴かれますね。どうぞ楽しんでいらして下さい。そして、多分7/19あたりにN響の大阪公演があると思います。チェックお忘れなく!

昨日の演奏会は、正統派金管五重奏で良かったです。終わってからサイン会?があったようですが…帰宅に1時間以上かかるので残念ながら急いで会場を後にしました。
「夏」の大阪公演はとても楽しみにしてます。松山公演があるのできっと今井さんが乗られるだろうと(笑)来月の刈谷公演は乗られないかなぁ…また今井さんの演奏会があれば教えて下さい。

☆waka 様

をを、サイン会があるのですね。やった\(^o^)/。金管五重奏は華やかですよね。実は密かに栃本さんのファンでもありまして、あの輝くような音色が好きなんです。

刈谷の方が近いですか?チャンスがあったら聞いてみますね。

ありがとうございます。東京に行くよりはずっと近いので…来月刈谷で、7月は大阪で、毎月今井さんに会えたら最高ですね。関西にも大ファンがいますってお伝えいただけたら嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/60021984

この記事へのトラックバック一覧です: N響メンバーによる弦楽四重奏 ~ 今宵は とことん CLASSIC ! ~(5/15):

« 都響 第788回 定期演奏会 Aシリーズ(5/13) | トップページ | Concert For Smiles Vol.27(5/18) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]