2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 都響 第787回 定期演奏会 Aシリーズ(4/8) | トップページ | 東京春祭 合唱の芸術シリーズ vol.2(4/12) »

2015年4月10日 (金)

nur Spezialitaet ?

「得意なものだけ?」・・・そりゃそうだろうとは思うのだが。

N響来シーズンの更新手続の時期となった。サントリーホールで聴く機会だけは逃したくないので継続はするけれど、改めてプログラムを眺める。

得意科目ばっかり並べてるなぁ・・・と思う。

指揮者を招聘するにあたり、どのような話がされるのかは知らないけれど、振る側の意向が大きく反映されるのは当然だろう。世界初演でもなければ、自分のレパをやろうとするんじゃないの?違うかな?

でも、そうとでも考えなきゃ、こんな内容になるわけないよね。

首席指揮者・名誉音楽監督・桂冠指揮者・正指揮者で公演の半分だけど、ほとんど手持ちプロでしょ?ほんでもって、終わったばかりのべとべん・ちくるすの「お口直し」と言わんばかりに、名誉指揮者でちくるす。

オケに力があれば毎シーズン「もつべとぶらちゃい(+まーらー)」でいいのか?演奏の質が高ければ、手垢のついたような内容でもいいわけ?

既存の会員を引き留める姑息な手段にしか思えませんな。

« 都響 第787回 定期演奏会 Aシリーズ(4/8) | トップページ | 東京春祭 合唱の芸術シリーズ vol.2(4/12) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]