2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Das Reuleaux-Dreieck | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.49 ~ 皇帝 イザイ ~ (4/21) »

2015年4月18日 (土)

小山実稚恵 デビュー30周年記念演奏会 ~春~(4/18)

本日「究極のP席」。14時開演はかなり大変で到着と同時に席についたら、RBに不自然な空席多数。しかも11番はすべて空席。以前にもそういうことがあったので、ははん、恭しき御方ご臨席だろうと思ったけれど、休憩前にはお出ましにならず。

休憩の時に化粧室に行ったら、R側回廊にはインカムつけたゴッツイ人やら、菊紋バッジを襟につけている人やら。どなたがお出ましで?

オケのチューニングが終わってホール内が少し暗くなったら、突然RA9番横通路に、報道カメラマンが現れて・・・きゃっ!

皇后陛下がお出ましです!

不思議なものですね、なぜか起立して拍手してしまうの。皇后様もにこやかにお手振り下さいましたです。大野さんの延長線上に皇后様がお出ででしたので、いつも変わらぬ優しさを湛えたそのお姿を拝見することができました。

終演後、カーテンコールはさすがに半端なかったのですけれど、大野さんの意向やステマネの判断で、照明が明るくなってオケがハケ始める・・・のに、皇后様は全員がハケるまで・・・みたいな風で、お帰りになろうとしない。さすがにおつきが「もうそろそろ…」とでもご案内したようで、そして、またもや私たちは立ち上がってお見送りさせていただきました。

今日は女性客が多かったので、ざわめき度高かったのかも知れません。ピアノニストメインの時に、女性の聴衆が多いのは、何度か経験しているけれど、不思議だよね。サントリーホールの化粧室で、女性の列が男性より長いのって、初めて見たかも。

本題に入ろう。

あれから もう5年もたったのか。でも、相変わらず小山さんはかわいい人なのだった。

ピアノ、小山実稚恵氏、指揮、大野和士氏、演奏、東京都交響楽団。

「歌劇『オイリアンテ』序曲(ウェーバー)」。上演回数の少ないオペラだけれど、大野さんはモネでホール・オペラ上演をしたことがあるはずだ。だからというか、大野さんが序曲を振るときにいつも感じることは、終わりが始まりってことですかね。

私の勝手な感覚かも知れないけれど、大野さんがタクトを降ろす時、幕があがるような感覚にとらわれる。

「ピアノ協奏曲 第2番(ショパン)」。1番だと思いこんでいたので、立ち直るのに時間がかかったけれど、それを言ったらおしまいですが、似たような曲だなぁ・・・とは思う。そして、ピアノ協奏曲だと、P席で感じるズレは大きい。

大野さんの指揮を眺めたくて買った席なので、それを見てると、私にもわかるビミョーなるズレ。でも、それはステージ上でも起こりうることだろうから、そんなこと、演奏者にはわかりきっているだろうしね。

何となくしっくりいかないまま終わってしまった。

「ピアノ協奏曲 第3番(ラフマニノフ)」。大野さんが読響とアルプスを登った時、やはり小山さんでラフ3だった。あのときの小山さんは、どこからあんなにパワフルな音が?と思ったけれど、今日は、ちょっと違う感じ。

ラフマニノフのドラマチックなところは、いつも変わらないけれど、静と動みたいなものがくっきりとしていたと思う。大野さんが小山さんを信頼しきっている姿にも、感動しましたね。やっぱり同級生ですね・・・だからこそっ!

カーテンコールの時、大野さんが指揮台から譜面を取り出して、ピアノの前においた。ん?アンコールに楽譜が?

「小舟にて(ドビュッシー)」だったのですが・・・何と、小山さんと大野さんが連弾!

あららぁ~、どうしましょ~?タイトル見ればわかりますがこの演奏会は「~秋~」があるんですね。11月に広上さん指揮でN響。広上さん、何か趣向こらしてくれるかしら?

ををそうだ。この演奏会 のアンコールで広上さんが「実稚恵ちゃんに入ってもらって、カワイイ曲をやりますね」ってアンダーソン演奏したわよね。そういうのよくない?

勝手に企画をたてるな。>自分

今日で、この春の「大野さんフェスト」は終わった。昨年までならここでどっと虚脱感が襲ってきたけれど、この4月から、大野さんは都響の音楽監督である。そこが海外拠点だったころとは大きく違うかな。

« Das Reuleaux-Dreieck | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.49 ~ 皇帝 イザイ ~ (4/21) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/59690727

この記事へのトラックバック一覧です: 小山実稚恵 デビュー30周年記念演奏会 ~春~(4/18):

« Das Reuleaux-Dreieck | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.49 ~ 皇帝 イザイ ~ (4/21) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]