2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東京・春・音楽祭 「日本の歌Ⅴ ~東京オペラシンガーズ~」(3/14) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.48 ~ バッハ無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (3/17) »

2015年3月15日 (日)

東京・春・音楽祭「N響メンバーによる室内楽」(3/14)

~首席奏者たちが贈る、洒脱で極上な夜~・・・とのサブタイトル。

メンバーはこちら をご覧下さいませ。

「七重奏曲 変ホ長調(サン=サーンス)」。賛否わかれるとは思えど、私は演奏会前に一応予習をしていく。その方が楽しめるような気がするので。でも、概してそれはいい意味で裏切られまして、やはり生演奏に勝るものなしと思うんですよ。

(もちろん、例外もありますが、それはハイフエッツを選んでしまったり、運悪く大野さんがヒットしてしまったりした場合ですcoldsweats01coldsweats01coldsweats01。)

ということで、いきなり裏切られるのでありました・・・児玉さんのピアノ、凄い!・・・なぜかと言われると困るけれど、私は求めてピアノの演奏会に行くことがない。室内楽でも弦楽四重奏を選ぶことが多いし。

なので、いきなりこのハイクォリティでノックアウト。大理石から生まれるような音、好きだわぁ~。

「三重奏曲 ハ長調(ドヴォルザーク)」。・・・それは数日前の某終演後のこと。

“Ich hoere die auch am Samstag .”

“Ja,heute ist Uebung bleahbleahbleah

ってなことで、今宵も終演後にそういう話になったんですが、練習のかいあったことは確かであったものの、やはりこの編成は、なかなか大変なものがある。土台をどうやって作るのか、はたまた不要なのか。ヒラヒラ感、キラキラ感だけでその魅力を出せばいいのか。

謎のような曲だな。

「組曲『調理師のレヴュー』(マルティヌー)」。後ろに座っていた人が、演奏後に「ジャズみたいだね」と言ってましたが、然り。実に軽妙洒脱な音楽で、そしてサン=サーンスの時にも思ったけれど、金管が入ると華やかになりますね。楽しかったです。

「クラリネット五重奏曲 (モーツァルト)」。1月に秋川で聴いてきたばかりで、をを、そう言えば、MARO様たちと豊永さんの演奏も、ここで聴いて、をを、それこそ、あの夜があの夜が!・・・あの日から何年たちましたかね・・・あんなこと、こんなこと、ありまして、これからもあんなこと、こんなことがありますように。

(東京文化会館 小ホール E列20番)

« 東京・春・音楽祭 「日本の歌Ⅴ ~東京オペラシンガーズ~」(3/14) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.48 ~ バッハ無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (3/17) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/59280550

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・春・音楽祭「N響メンバーによる室内楽」(3/14):

« 東京・春・音楽祭 「日本の歌Ⅴ ~東京オペラシンガーズ~」(3/14) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.48 ~ バッハ無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (3/17) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]