2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 旅するヴァイオリン vol.48 ~ バッハ無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (3/17) | トップページ | 東京・春・音楽祭「東京春祭チェンバー・オーケストラ」(3/20) »

2015年3月19日 (木)

都響 第784回 定期演奏会Aシリーズ(3/18)

指揮、エリアフ・インバル氏。

「楽劇『トリスタンとイゾルデ』より 前奏曲と愛の死(ワーグナー)」。都響はお連れがいないので、確かめようがないし、多分、勘違いだと思うけれど、感覚的にホール照明がいつもより暗い気がして、そしたら無限旋律の中にハマってしまい、はい上がれなくなってしまった。

それで良かったんだか、悪かったんだか。でも、チェロの斉奏を聴けば、あぁ、都響の弦だと思うのだった。

「交響曲 第4番『ロマンティック』(ブルックナー:ノヴァーク1878/80)」。私は版の違いなどわからないし、そもそもが、それほどブルックナーを聴き込んでいないのけれど(嫌いではない)、この公演は地方公演が先にあって、「速い」との感想は読んでいた。そして、多分、速かったのだろう・・・終演時間が21時前だったから。

聴き込んでいないからこそ、ただ「速い」だけならすぐにわかるけれど、そういう速さとは全く違う。躍動感溢れる演奏だったと思う。弦の分厚さはいつものことながら、金管の迫力には驚きました~。文化会館の3階サイドは、体格のいい人にはちと辛いけれど、響きは良すぎるほどで、2階正面あたりでは、金管の眩しいほどの響きに圧倒されてしまうのではないかしらん。

・・・っつ~か、みなさま、かなり頑張りましたですね。

大満足の夜でありました。

« 旅するヴァイオリン vol.48 ~ バッハ無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (3/17) | トップページ | 東京・春・音楽祭「東京春祭チェンバー・オーケストラ」(3/20) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/59325382

この記事へのトラックバック一覧です: 都響 第784回 定期演奏会Aシリーズ(3/18):

« 旅するヴァイオリン vol.48 ~ バッハ無伴奏ヴァイオリンの世界 ~ (3/17) | トップページ | 東京・春・音楽祭「東京春祭チェンバー・オーケストラ」(3/20) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]