2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 昼の音楽散歩 第20回 ARCUSの『四季』(2/20) | トップページ | Wer ist am schlimmsten ? »

2015年2月21日 (土)

篠崎“まろ”史紀とN響の仲間たち(2/20)

(承前)

トリトンから調布まで、演奏者も聴衆も多数移動するという、思わず笑ってしまうスケジュールだったので、トリトンで「では後ほど~」となった次第。

こちらもまずは敬称略にてメンバーをば。

MARO様こと篠崎史紀。

ヴァイオリン:松田拓之・白井篤・森田昌弘・降旗貴雄・丹羽洋輔・山岸努・横溝耕一・猶井悠樹
ヴィオラ:村松龍・中村翔太郎・中村洋乃里
チェロ:山内俊輔・宮坂拡志・市寛也
コントラバス:西山真二

MARO様が「N響の“愉快な”仲間たち」と紹介しましたが、MARO様率いるアンサンブルは、洒落た演出に溢れ、かつ無茶振りも満載で、確かに愉快なんです。

「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク(モーツァルト)」。各パート、トップが入れ替わる演奏で、ファーストなど、楽章の最中に入れ替わる(^◇^;)。MARO様が後ろで演奏してるんだよ。凄いわよ~。

この曲とディヴェルティメントのK.136、そして「四季」は私の最大のラッキーナンバーであり、いついかなる時でも、それらを聴くときに、私には幸せが訪れる。それにMARO様ご一行が加われば、幸せの二乗もいいところで、今まで何回もその幸せを感じてきた。

午前中にアルクスで「四季」を聴き、夜にはMARO様たちのアイネクライネ。天使が舞い降りて、バラの花びらが降り注ぐってなもんです。

「ロマンティックな人々(ランナー)」。
「美しきロスマリン」「愛の悲しみ」「愛の喜び」(クライスラー)。

ほぼこのメンバーと同じ公演は何度か聴いているけれど、いつもはワルツの弦楽五重奏ではお休みの人が目の前で演奏してる・・・でも、この時はそれほどでもなかったんだ。いつものMARO様トークが爆発してたし。

「弦楽セレナーデ(チャイコフスキー)」。MARO様が料理する弦セレは、実に艶っぽい。2楽章などその色気に圧倒されるほどで、トリトンのマチネで、清々しいヴィヴァルディを演奏した4名様も、鮮やかに変身したわけですよ。

それだけも、すでにクラクラするだけれど、それ以上のものありまして。

オケで演奏している時のそのままの姿で、トップで演奏しているんである。私は夢を見てるんだろうか?クァルテットやクィンテットじゃないのよ。パートが一人じゃないところで、トップ弾いてるわけよ。

とにかく嬉しかったから、最初はデヘヘ~としてたんだけれど、だんだんに、だんだんに、そう、いつもながらに全開になっていくに連れて、こちらも毎度お決まりの酸欠状態になっていって、あぁ、でも何て幸せな弦セレだったことだろうか。

そして思わず言ってしまう。

“ Ich bin sehr gluecklich,weil Sie in Top sind ! ”

・・・多分、わかってくれたと思う(^◇^;)。

さて、アンコール。

気がついたら、西山さんが真ん中でスタンバイしてて、ををっ!行きますか!

「プリンク・プレンク・プランク(ルロイ・アンダーソン)」。パフォーマンスと共に、ピッツィカートで演奏されるこの曲を、やはりアンコールとして築地本願寺 で聴いたっけ。あの頃はまだ可愛かった自分がいたような気もするけれど、でもやってることは今と同じだ。

そして、その演奏を好きな自分も変わらないし。

最後はMARO様の演奏会になくてはならないアンコール「アイネ・クライネ・蛍の光」にて、演奏会は終了しました。

まさに素晴らしき休日。

(調布市グリーンホール 1階1列23番)

« 昼の音楽散歩 第20回 ARCUSの『四季』(2/20) | トップページ | Wer ist am schlimmsten ? »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

クラウスさん
聴衆も移動組が多かったのですね(笑)
年寄りの連れがいますと、なかなか予定通りに動けず、トリトン着がけっこうギリギリで探しあてることかないませんでした。残念(>_<)
アルクスは初めてでしたがほんとに贅沢な一時でした。今でも反芻してます。調布もさぞや素敵だったことでしょう。
7日が終わりましたらまたお知らせいたします。まだ抽選葉書は来てませんが、招待枠で行けそうな感じなのです。

☆milk さん

先日はご挨拶もせずに失礼しました。演奏会の時は、かなり早く携帯の電源を切ってしまうので、メールに気づいたのも遅く\(__ )。

7日、よかったですね。松田さんは山口のご出身ですので、その話もされるかも知れません。

私も クラシック大好きです!
最近 たまたま テレビで N響の定期演奏会のをみていて 目にとまる人が いました。それは ヴァイオリンを 弾いていて 弓が数本きれていて すごく 気にかかり ネットで N響の公式サイトで みたら
凄い人なんだ! て思って そこから 演奏されている 動画や テレビで 注目するように なり ました!
ヒゲでお馴染みの 白井篤さんです。
機会あったら 生演奏 聴いてみたいです!!

☆マミ 様

初めまして。コメントありがとうございます。

私は白井さんの演奏をもう8年ぐらい聴いています。

一番近々の演奏会は、6/14のみなとみらい。その後は7/7の五島美術館・7/9の横浜イギリス館・7/22のJTホール・8/7のHakujuホールです。

6/11に王子ホールでも演奏会があるのですが、それは残念ながら完売だと思います。

東京近辺にお住まいでなければ、アバウトに教えてくだされば、ブログで演奏会情報などお知らせできますので、どうぞよろしくです。

関東ですけど 埼玉ですhappy01

白井さんの演奏を 8年も聴けて 羨ましいですnote

クラシックを 生で聴いたことなくて でも クラシックは 昔から大好きheart04で 演奏家になりたかったくらいですflair

実際 チケットの取り方や 服装や マナーなど わからなくて 教えて もらえたら 嬉しいですhappy01

☆マミ 様

こんばんは。

チケットticketはぴあやイープラスで買っております。N響と都響は会員なので、早めに買えますが。買うことよりも、演奏会情報をゲットするほうが大変ですcoldsweats01

服装はそれほど気にしないのですが、マナーというか、回りに迷惑をかけないようには気をつけています。(自分も雑音が気になるほうなので。)

10/7(水)に、浜離宮ホールで白井さんのリサイタルがあります。ご都合がつくようでしたら、どうぞお越し下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/59012565

この記事へのトラックバック一覧です: 篠崎“まろ”史紀とN響の仲間たち(2/20):

« 昼の音楽散歩 第20回 ARCUSの『四季』(2/20) | トップページ | Wer ist am schlimmsten ? »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]