2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« N響Cプロ(2/14) | トップページ | 昼の音楽散歩 第20回 ARCUSの『四季』(2/20) »

2015年2月19日 (木)

N響 Bプロ(2/18)

この冬はオオカミ少年のように「大雪」が連呼されてははずれる東京だけれど、ウソついてる訳じゃないし、結果としてはずれたほうがいいのかも知れないので、ま、いいっか・・・でも重装備で出かけたから暑かったよぉ。

(「いいのかも知れない」とは、私の仕事が天候与件に大きく左右されるからだ。降れば降ったで、需要があるものは品揃えするのが商売人である。)

指揮、パーヴォ・ヤルヴィ氏、ピアノ、ピョートル・アンデルジェフスキ氏。

「交響曲『ドン・ファン』(R・シュトラウス)」。私が色んな意味で、N響アワーをしっかりがっつり見始めたのが2006年で、wiki によると、ちょうどその年からテーマ曲がこのドン・ファンになったらしい。ほーらね?だからやっぱり、R・シュトラウスを聴くと幸せな思いになるのは、そういうご縁があるのよ。

な~んてことを考えながら、いきなり全開の御方を眺めて、あぁ、何ていい席なんだろう、セカンドは背中だけれど、でも対向のR・シュトラウスはここで聴くのが一番だよ~と思う。

演奏に関してはストイックな御方なので、あまり話題にはしないようにするんだけれど、言わずにはいられなかった。

“Sie haben Spass gemacht zu spielen,was? ”
“Ja, ich mag Richard・・・”

思った通りの表情で、思った通りの答えが返って来た(^◇^;)。

「ピアノ協奏曲 第25番(モーツァルト)」。比較的演奏回数が少ないらしい。私も聴いたことがない・・・と思っていたら、アシュケ殿と内田光子様、2枚もCDを持っていたよ・・・失礼しました。

ソリストの演奏は、いかにもモーツァルト的だったんですが、曲自体はかなり壮大で(解説によると、そこがアレグロ・マエストーソたる所以だとかなんとか)、「ラ・マルセイエーズ」の冒頭がちりばめられているような(これは聴いてる途中で混乱してきて、解説を読んだらやはりそう書いてあった)、そもそも私はモーツァルトのピアノ協奏曲がそれほど好きではないので、何がどうやらと述べる資格もないんだけど、

・・・何だかシューマンぽいと思った。音楽室のシューマンが書きそうな曲(←何のこっちゃ?)

「交響曲『英雄の生涯』(R・シュトラウス)」。世に数々の名演はあれど、Bプロのマイシートは、マエストロがよく見える席なれば、大野さんの指揮を思い出さずにはいられない。都響@芸劇で、コンマスは矢部さまでありましたが、震えるような興奮を感じたな。あぁいうときに、感じるわけよ。

「この人の音楽が私の求めるものなのだ」と。

(「ブルーズ・グラザース」の “ The Band !” と同じですよ。)

大野さんの指揮で聴いたことがある曲、リゾナンツァで聴いたことがある曲、それらを聴くとき、私の心は同時に二つの演奏を聴いている。物理的には不可能であると思うが、自分の中でそれは存在するし、それが今聴いている音楽の魅力を損なうものでもない。

いついかなる時も、自分の心の中にあるものは、決して消えないのだから。

指揮からは明確に音楽が伝わってきましたが、本番では更なる高みを求める指揮者様のようです。・・・良かったぜぃ!今月は「名演」的定期が続いているんだけれど、客演ならともかく、秋には正指揮者に就任するマエストロなのだから、もっともっと変化して欲しい・・・って、Cプロの時に書いたな。

最後に。

完売なのに空席がある、それは今始まったことではないのだけれど。私のブロックは常に空席がある。しかも、

「会員券で完売のため一回券の発売はごさいません」というブロックなんである。

聴きたくても聴けない人がたくさんいるのに、こんな人をバカにした話があるだろうか。以前にも書いたと思うけれど、半券のデータを取って、出席率が半分以下なら強制的に会員からはずすとかしたほうがいいのでは?

それはあんまりだと思う?でもね、Bプロ会員になxて、もう長いけれど、空席はいつも同じなんですよ。そこまで来ないのなら、他のオケのような「今日は行けないのでどなたかに譲渡します」程度じゃだめなんじゃないかと。

これもやはり前に書いたけれど、都響のマイシートの近くには、グループで何席か持ってて、空席を作らないようにして聴いてる人たちがいる。会員にはそういう義務があると思うんだけどな。

« N響Cプロ(2/14) | トップページ | 昼の音楽散歩 第20回 ARCUSの『四季』(2/20) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

こちらのほうでは、はじめましてtaurus
18日でいらっしゃいましたか。私の席からは、この日空席がとても少なく感じましたが、クラウスさんの席の近くでは、いつも同じ席が空いているのですね。そうなりますと、確かに「行けないので寄付します」程度では、ダメでしょうね。

☆一静庵様

まぁ!・・・コメント嬉しいです。

全体としては集客力のある演奏会だったと思うのですが、
いつも必ず空いている席に納得がいかないんですね…。

人気の定期なのでたくさんの人が聴けるといいのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/58989061

この記事へのトラックバック一覧です: N響 Bプロ(2/18):

« N響Cプロ(2/14) | トップページ | 昼の音楽散歩 第20回 ARCUSの『四季』(2/20) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]