2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« N響Cプロ(1/17) | トップページ | 都響 第783回 定期演奏会Bシリーズ(1/23) »

2015年1月22日 (木)

N響 Bプロ(1/21)

ひと言で表現するなら「楽しかった」かな。

指揮、ジャナンドレア・ノセダ氏、ピアノ、アレクサンダー・ロマノフスキー氏。

「交響詩『レ・プレリュード』(リスト)」。あまりにも有名な曲ですが、サントリーホールで聴くのは初めてかな。私の席は、最高レベルではないけれど、サイドであることが幸いして、「今、何が起こってるのか」を眺めるには格好の場所にある。

事件など起こらずとも、オケの動きを見ながら、演奏を聴く楽しみがある。実に面白い。そして、今宵のリストは寄せては帰る波のように、心地よい揺れを持って演奏された。

「パガニーニの主題による狂詩曲(ラフマニノフ)」。ソリストには何の責任もない。もちろんオケにもしかり。第18変奏は、そりゃぁ甘美でしたしね。でもなんつぅか・・・。

「怒りの日」の旋律を聴くと、頭の中で幻想のスイッチが入ってしまうようになってしまって、必然的にワルプルギスの夜の方向へと、思考がいってしまう。それだけ効果的に、旋律が引用されているとも言えるけれど、ちょいとまずいな。

ソリスト氏は、細身の美男子でごさいましたが、かなりの迫力でしたか。アンコールの「革命(ショパン)」は、熱情がほとばしるような演奏でした。私が感じる「これこそ『革命』」。

「交響曲 第3番(カセルラ)」。2番を聴いたのは一昨年?昨年?やはり、指揮はマエストロ・ノセダで(ご本人が持ってきたらしい)、とにかく、なんだかやたらと楽しかった記憶がある。

3番も聴いていて楽しかったのですが、2楽章&3楽章が、とにかく「ショスタコちっく」。ショスタコの諧謔的な風合いたっぷりで、ふむ、難易度はわからないけれど、すべてのパートに見せ場たくさんあるし、アマオケが演奏したがるような曲だわぁ・・・けなしてるんじゃないわよ。

ところが、4楽章になって、雰囲気がかなり変化。ショスタコちっくよりも何よりも、「こりゃ、アメリカ人が好きそうだわぁ~」・・・。ワタクシ、アメリカ人の家族がおりますので、バカにしたりしてないですわよ。

この曲はシカゴ響創設50周年の委嘱で、初演はもちろんシカゴ響。そして大成功を収めたのですって・・・なるほどね・・・と、思える曲でしたのよ。

・・・と、まぁ、こういう曲の時には、そういうことをお話したい人があり、ちゃんとお会いしたのに、あまりにも久々でしたので色々がぶっ飛んでしまって、気がつけば本日の演奏に関しては何も聞けなかった(>_<)。

それだけが心残りだけれど、ま、いいか。

« N響Cプロ(1/17) | トップページ | 都響 第783回 定期演奏会Bシリーズ(1/23) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。今年もいろいろな演奏会のお話を聞かせてくださるのを楽しみにしています。
カセルラ良かったのですね。今回はきっと首席さんの乗り番だろうとは思ってたのですが・・・平日夜間開催のBプロは地方在住日勤者にはツラい日程です(なにより完売になっちゃうし泣)
ところで、去年の話になってしまって恐縮ですが、第九のお話を書かれてたなかで、「(演奏が早くて)大変だけど、でも早く終わるでしょ」って「名言」がありましたよね。あれ、もしかして首席さん・・・ですか?(私の勝手な都合のいい想像なんですが)素朴で飾らない感じの人なのかなと思ってて・・・違ってたらごめんなさい(汗)

waka 様

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

B定期はチケ取り大変ですよね。でもやっとネットでも買えるようになりましたので、お休みが取れるようでしたら、トライしてみてくださいね。

昨夜は首席様乗りでした。カセルラは1番アシもついて、5名で大活躍のホルンメンバーでしたよ。「レ・プレリュード」では、そりゃ、もう(*^_^*)。放映をどうぞお楽しみに。

第九での「名言」はご推察の通りです。演奏会仲間と出待ちしてたのですが、まぁ、うけたうけた(笑)。

昨日は、バタバタしていて、ご挨拶しかできなかったので、次回の乗り降りを伺うのを忘れてしまいましたが、「巨人」だといいですよね。

うふふ、やっぱりそうでしたか。ぽろっと正直に言っちゃう感じ。そこがまた素敵ですねえ(なんでも素敵に思えちゃってますけど)

放映日を楽しみにしています。でも、なぜかホルンはなかなか映してくれません(怒)せめてメロディー吹いてるときだけでもちゃんと映してほしいと抗議したいくらいの冷遇ぶりで(そりゃ音が聴こえれば満足ですけど、やっぱり吹く姿も見たいじゃないですか・・・)

来月「巨人」に乗ってほしいですね・・・でも名古屋に来る「英雄の生涯」でも嬉しいです。

waka 様

をを、名古屋公演来られますか。それはそれは楽しみですね!

中継が美也子さんだと、トップ奏者を紹介してくれますが、私も愛知公演の前に、ブログでご報告しますね(*^_^*)。

コンマスさんは誰かなぁ~>英雄の生涯

とてもショックなので聞いてください。愚痴になりますが・・・

2月の定期、巨人も英雄も代行さんのようです・・・(代行さんのHPより)
うーん、思った以上にショックを受けています。
というのも、10月からずっと今井さんは定期に月1回しか乗られてないんですよ。5ヶ月連続です。以前は1ヶ月おきに2回乗ってらしたのに。

オーチャードも地方公演も第九も含めてハーフハーフに分担してらっしゃるんでしょうとは思います。代行さんは自分の演奏会にお忙しいようですし、今井さんが代行さんの都合に合わせてる方が多いように感じてました。

でも、地方のファンにとっては、定期に乗ってくださらないと会えない(聴けない)んですよね。勝手な気持ちなんですけどね。でも寂しいですね。
今井さんが乗らないN響には行く元気が出ないので名古屋公演もパスです。せっかくお知らせいただくと言ってくださったのに本当にごめんなさい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/58668179

この記事へのトラックバック一覧です: N響 Bプロ(1/21):

« N響Cプロ(1/17) | トップページ | 都響 第783回 定期演奏会Bシリーズ(1/23) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]