2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 都響 第780回&第781回 定期演奏会 ABシリーズ(12/8・12/9) | トップページ | N響 Bプロ(12/17) »

2014年12月13日 (土)

都響 「作曲家の肖像」シリーズVol.100《シベリウス》(12/13)

指揮、大野和士氏、ヴァイオリン、三浦文彰氏。

「レンミンカイネンの帰郷」。いかにもシベリウスって曲だったけれど、それほど印象に残る曲でもなかった。自分の中でホールの響きを確認していたこともあってね。

(今日は芸劇の3階。やっぱり、ここだとクリアになるような気がするな。2月のN響は2階サイドを取ってしまったけれど、次に機会があったら、3階にしよう。)

「ヴァイオリン協奏曲」。大野さんはオケやソリストを自らドライブする人ではない。奏でる者の力を引き出すこと、それがご自分の役目だといつも仰っている。でも、それだけでは、奏者への迎合になっちゃうわけで、そこに、大野さんが楽譜を読み込んだ自我の投影を流し込んで、私の桃源郷がある・・・んだけれど。

ソリストがいま一つ、ポジションを確立していない、そんな印象を受けた。上に書いた、大野さんのスタンスを知らなければ(或いは良しとしていなければ)、ドライブし過ぎの演奏に思えたかも。ことに第三楽章が。低弦の上に、乗り切れないソリストの躍動みたいなもの。

アンコールのバッハが、開放感に溢れた柔らかさであったのが、印象的でした。

「交響曲 第5番」。もしかしたら、深い意味はなかったのかも知れないけれど、2回目のカーテンコールの時、大野さんは、弦を先に立たせて、私は勝手に納得した。管がどうのこうのではなく、「都響の弦、ここにあり」といった感があったから。

これで、今年の演奏会は、残すところあと4回・・・まだ4回もあるのか(笑)。

« 都響 第780回&第781回 定期演奏会 ABシリーズ(12/8・12/9) | トップページ | N響 Bプロ(12/17) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/58259688

この記事へのトラックバック一覧です: 都響 「作曲家の肖像」シリーズVol.100《シベリウス》(12/13):

« 都響 第780回&第781回 定期演奏会 ABシリーズ(12/8・12/9) | トップページ | N響 Bプロ(12/17) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]