2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« かんぽ生命 presents N響第九 Special Concert(12/27) | トップページ | Beste 3 von diesem Jahr (ausser Orchester) »

2014年12月30日 (火)

Beste 3 von diesem Jahr (das Orchester)

今年の演奏会は73回でした。減少傾向にあるかも知れませんが、聴きたいものは聴いているし、充実した日々ではありました。

毎年、自分の締めくくりとして、ベスト3を選んでいるのですが、演奏の良し悪しとは全く関係ありません。私の感性のおもむままにチョイスしているだけです。

ではオケ編いってみよー。(タイトルをクリックするとリンクできます。)

1.大野和士 指揮 フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団(6/30)

あれ以上の「ラ・ヴァルス」は生涯聴けないのではないかと思った。今でも鮮やかに思い出すことができる。そして、大野さんが誇る「世界最高レベルの合唱団」による「ダフニスとクロエ」。幸せな夜だった。

2.EPISODE Ⅲ 最高の男たちの冒険(1/16)

大野さん@都響をおしのけて、堂々2位にランクインするんだよ。どんだけ楽しかったことか!今年の秋には、ブロムシュテットが同じ演目をN響定期で振ったんですが、マロオケの方がググッときたのよね。来年は4月の連休前。日程的にまず無理なので、悲しい。

3.都響 第772回 定期演奏会Bシリーズ(6/24)

自分でも意外だなぁ(笑)。当然、12月の大野さんがくると思っていたんだけれど、「弦の勝利」って感が強くてね、大野さんの音楽は受け取ったけれど、演奏の方にしっくりこないところもあったし。この都響定期は「春の祭典」につきる。1位&2位も同様だけれど、思い出せる演奏が、感性の求むるところなんだろうね。マエストロ、シュタッツオーパーに捕られちゃいましたが、戻って来られるかしら?

次回はオケ以外ですが、こちらも1位はすでに決まっております。

« かんぽ生命 presents N響第九 Special Concert(12/27) | トップページ | Beste 3 von diesem Jahr (ausser Orchester) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/58416876

この記事へのトラックバック一覧です: Beste 3 von diesem Jahr (das Orchester):

« かんぽ生命 presents N響第九 Special Concert(12/27) | トップページ | Beste 3 von diesem Jahr (ausser Orchester) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]