2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« Ich stelle sich eine Situation vor. | トップページ | NHK交響楽団メンバーによるホルンカルテット(11/12) »

2014年11月 6日 (木)

第171回 NTT東日本 N響コンサート(11/5)

大体が「高いところの女」ではあるけれど、今宵は訳あって、あえて3階正面をチョイス。ところが、その目論見は開演前に奈落に落ち、いささかふくれっ面で席についた・・・がっ!いやぁ~、この席、響きいいわ~・・・何て快適なの~。

実際のところ、演奏もよろしかったんであります。

(去年、大野さんがWSOと来日した時、やはりオペラシティの3階で聴いていた。あのときは、マーラーだったので、大野さんの音楽に辿り着くためには、かなり必死に聴かねばならず、響きを感じる余裕はなかったかな?5番だったから、アダージョだけは浸れたけどね。)

指揮、梅田俊明氏、ピアノ、ボリス・ギルトブルク氏。

「歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲(グリンカ)」。のだめで、かなり強烈な印象を与えるこの曲を、リアル千秋様が振るのも面白いなぁ・・・と、バカなことを考えていたら、冒頭いきなり強烈なインパクトにゾクッとして、をを、そうだ、低弦、低弦、見なきゃ、見なきゃ。

Ich sein sehr gluecklich gewesen !

わかってはいましたけれど、でも、実際にそうだと幸せ度あがるさー。

「ピアノ協奏曲(グリーグ)」。最近気づきました。私はピアノ協奏曲の好き嫌いが、かなりはっきりしていて、しかも、それを翻してくれるピアニストに巡り会えないようである。和音様の演奏会に、もしとしげく通うとかすれば、よろしいのかも知れませんね…。

とは申せ、素晴らしい演奏を感じる心ぐらいはあると思うのね。この曲は、こねくり回すときりがないほどに、ドラマチックな曲なんだけれど、やたらあおり揚げることもなく、かと言って淡泊にもならず、ちょっと変な表現になるけれど、「フィンランドでもなく、スウェーデンでもない。でも、何かある。」・・・意味不明ですわね\(__ )。

「交響曲 第5番(チャイコフスキー)」。来週お会いしたら、ふぇ~んと泣きつこうかと思ったけれど、今宵の一番様も一緒ですので、それはやめよう。

とにもかくにも。

「余は満足じゃ」。

時に、私は、N響に対して辛辣な感想を書いていることがあるが、それは、一番好きなオケだからで、そのオケに「こういう音を奏でて欲しい」という、永遠の片思いがあるからだ。だって、それはただのワガママでしょ?私が欲するものが、そのオケの求めるものかどうかなんて、わかんないもん。

オケの音は時代と共に変化していくのだろうけれど、私の感性だってその時々の自分の状態(フィジカルもメンタルも)で違うはずだ。だから、今日の満足が、明日のそれとは限らない。演奏は水物、一期一会みたいなもんだしさ。

ということで。

心地よい興奮をお供に、帰途についた次第。

(オペラシティ 3階 C1列 10番)

« Ich stelle sich eine Situation vor. | トップページ | NHK交響楽団メンバーによるホルンカルテット(11/12) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。もしかして来週のホルンカルテットに行かれるのですか?(ちがってたらごめんなさい)
私は7月に名古屋で行きました。4人でほんわかと楽しそうな感じでした。(石山さんのトークが楽しかったです)
今井さんは今週末のオーチャード、大阪公演も来週末のA定期も乗り番のようで、その合間にカルテットがあり、お忙しそうです。
10月末にようやく今月の乗り番を事務局でおしえてもらいまして…もう10日後に本番なのに。
大阪公演のチケット、なんとか確保しました。ブラ4楽しみです。

waka様

こんばんは。

はい、12日のカルテットを聴きに行きます。
B定期が日本音コンと重なったので、NTTは今井さんだと思っていたのに・・・ちょびっと残念でした。

A定期、マリナーになったので、ブラ1になっちゃいましたね。本当なら「亡き王女~」だったのにねぇ?でも、ブラームスは、ホルンが素敵ですしね(*^_^*)。

大阪公演、どうぞ楽しんでいらして下さいね。

そうなんですよ。私はラヴェル大好きなので行こうかと画策してるのですが、ブラ1・・・いやブラームスはホルンびいきですけど・・・パヴァーヌ(泣)年に2回も今井さんのパヴァーヌなんてもうないと思ってたのに・・・ホント残念です。

とりあえずブラ4を楽しんできます。勝俣さんとのコンビは好きですし。

waka 様

ほんに、ラヴェルは残念ですが、でも、「オベロン」もホルンの素敵な曲ですよね。

12日のカルテットは、満員御礼みたいですので、連れと頑張って早めに並びます(^.^)。

また12日のご感想を楽しみにしてます。
名古屋では今井さんがどこに座るかわからなかったのでどこでも見えるように後ろの方に座ってしまいました。
結局今井さんと福川さんは曲によって1番と3番を入れ替わってましたが。。。もっと右前に座ればよかったです。

もし今井さんとお会いになられたら「来年のマーラー1番やブルックナー4番吹いてくださいね」とお願いしてください(笑)絶対に行きますので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/57906943

この記事へのトラックバック一覧です: 第171回 NTT東日本 N響コンサート(11/5):

« Ich stelle sich eine Situation vor. | トップページ | NHK交響楽団メンバーによるホルンカルテット(11/12) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]