2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 私のマーガレット展 | トップページ | Kannst du allein essengehen ? »

2014年9月21日 (日)

N響Cプロ(9/20)

やっぱり渋谷から歩くのは好きじゃない。だから原宿で降りたら、何となく人が少ないような気がして・・・でも、どうやら無事でしたよ。Aプロの時には、代々木公園も元通りになってるかな?

指揮、ヘルベルト・ブロムシュテット氏。

「交響曲 第40番(モーツァルト)」。モーツァルトを好きか?と聞かれれば、「好きだ」と答える。では大好きか?と聞かれれば「曲による」と答える。

「魔笛」は大好きで、ヴァイオリン・ソナタも大好きだ。ピアノ協奏曲と交響曲は、それほど求めは聴かない・・・それが、私のモーツァルト。

Bプロの39番とは対照的に、かなり軽やか…を通り越して、弾むようなモーツァルトと感じた。好き嫌い分かれるんじゃないかと思ったけれど、当日券も出ないほどの人気でありますので、ホール内の気持ちは一つだったかな?

私はと言えばですね・・・2月のマロオケが、あまりにもあまりにもだったので、ちょいと、それ以上の演奏を考えられないところがあってさ。おまけに曲降りでさぁ~。

多分、Aプロでも同じことを考えるんだろうな。

「交響曲 第5番(チャイコフスキー)」。収録日はラジオで聴いていた。第2楽章で緊張しないホルンの1番様など、いないんじゃないかと思うんだけれど、やはり初日は少し固かったかも知れない。チャイ5を聴くたびに、知らぬ間に2楽章で祈りのポーズになる私だけれど、まぁ、何と素晴らしかったことっ!・・・泣けて泣けて。

出待ちできるホールなら、何としてもお会いしてキャァキャァするところですが、NHKホールでは、ちと難しい。だから、昨年、市川でお会いしたときに賜った、身に余るお言葉を、心の中で思いおこすのでした。

2011年の9月Cプロが、やはり翁でチャイ5だった。あのときは、厳しいほどに精緻なチャイ子に居ずまいを正して聴いた記憶があるけれど、なにせ「いなかった」ので、そっちの悲しさが先にたってしまったっけ。

それがまぁ、本日は、そこにおられるのはよろしいのですが、第1楽章からすでに全開状態でございまして、どうすればよろしいのですか?ですよ。

N響のテレビ収録には、台本がある。どこで誰を映すか、決まっていて、カメラの前にはスコアらしきものも置いてある。でも、カメラマンでなくても、チャイ5なら、私も「どこでどこを見てればいいか」はわかる・・・って、そんな必要あるかいな>自分

なのに、その自分なりの台本を、台無しにしてしまう御方は、あぁ、やっぱりカッコイイのだわよ。低弦を贔屓してるような曲でもあるしね。やっぱり来月のCプロも行こう。乗りなら、確実に、あのボウイングが見られるもん。

それで、感想も書くならば、「モーツァルトとカップリングするに相応しいチャイ子」ですかね。

休憩前と休憩後に、空気感の変化がない、充実したものだったと思います。さすが翁様だと思いましたです。

« 私のマーガレット展 | トップページ | Kannst du allein essengehen ? »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

実は・・・20日の演奏会に行ってきました。日帰り弾丸ツアーです。自分の行動力に自分でもびっくりです。金曜のお昼にN響ガイドに電話すると「(全体で)残席はB席2枚のみ」と言われなんとしても行かなきゃと後悔すると思いました。

1楽章が終わったとたんこちらが緊張して気が付けば胸の前で手を組んでました。
ソロのあいだ気が付けば目を閉じて聴いてました。
演奏後、指揮者がホルンを真っ先に立たせたのも、その時拍手が一段と大きくなったのも、とてもとても嬉しかったです。皆が「素晴らしかった」と感じたのですよね。

こちらで教えていただいたからこそ持てた「至福の時間」でした。
新幹線での日帰りは何度もできるものではないですが、今回は本当に行って良かったです。ありがとうございました。感謝申し上げます。

>waka 様

やはりいらっしゃったのですね。素晴らしいなどという、陳腐な言葉では表現できないチャイ5でしたね…酸欠で死ぬかと思いました(^◇^;)。

私の演奏会仲間は、弾丸ツアーが当たり前の人もたくさんおります。全く興味のない人には、酔狂としか思われないでしょうけれど、お金の問題ではありませんよね。

また、ホールで同じ演奏を共有できる日が来ることを、楽しみにしております。団員さんとお話ができる機会は限られていますけれど、大阪公演の乗り降りを聞くことができたら、聞いておきますね。

芸術(特に演奏会)は東京に集中してるので、東京周辺にお住まいの方がうらやましいです。私にとっては、1ヶ月くらい東京に滞在していろいろな演奏会に出向くのが「夢」です。今回お金を考えず行きました(笑)が、東京にいれば数回行ける出費ではあります(汗)
なので大阪公演に今井さんがきてくださると嬉しいなあと思ってます。

周りに同じ趣味を共有できる人がいないものですから、嬉しくて何度もコメントしてしまってすいません。
これからもいろいろな演奏会の感想を書いてくださるのを楽しみにしています。

>waka 様

お返事遅くなりまして申し訳ありません\(__ )。

私の演奏会仲間には地方在住の人もおりまして、N響の数少ない地方公演を楽しみにしています。今年は関西公演があったので、また数年間空くかも知れませんが、大阪公演は毎年必ずありますから、どうぞ足をお運び下さいね(・・・って、N響の回し者ですか>自分(^◇^;))

またどうぞコメントお寄せ下さい。明日はA定期を聴きに行ってきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/57451241

この記事へのトラックバック一覧です: N響Cプロ(9/20):

« 私のマーガレット展 | トップページ | Kannst du allein essengehen ? »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]