2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« フランス国立リヨン歌劇場 来日公演 「ホフマン物語」(7/9) | トップページ | die Reihe »

2014年7月11日 (金)

Ich denke, werde nicht mehr in dort gehen.

「もう行かないと思う」・・・オーチャードホールですが。

最初に行ったのが8年ぐらい前かな、昔から東急本店の回りは、怪しげな界隈だったけれど、渋谷駅からホールまでの喧噪にうんざりしてしまった。とは言え、ホールに到着すれば、その裏には知事公邸(今もあるんか?)を始めとする、松濤の閑静な住宅地があり、ちょいとした異次元空間だった。

でも、演奏会が終了すれば、また喧噪の中を歩かねばならなず、余韻もへったくれもなく、好印象はなかったのだけれど、その後、演奏会にしげしげと行くようになり、要するにあのホールは、高級自家用車やハイヤーでホールに乗り着ける客層しか見ていないんだと感じていた。

もちろん、それは貧乏人のひがみであり(爆)、それゆえに忌避するほど、私の性根は曲がってはおりませぬ。

音響が納得いかないんである。あそまで客席に奥行きがあれば、大体は音がずれて聞こえてくるし、じゃぁ、前方の席ならいいのか?と言えば、それはどうでしょう?オケの場合、弦楽器しか聞こえない可能性大。

NHKホールも上層階が屋根になる、1階と2階の後方は最悪だけれど、オーチャードもそうなんだろうね。しかも奥行きの分、遠くもなるし。

今回のリヨン、オーチャードだからと、行かなかったオペラ好きの知人が、たくさんいた。そりゃそうだわ。初台や上野でオペラを聴き慣れていれば、却下したくなる気持ちもわかる。

でも、大野さんはモネの時も、前回のリヨンも、ここだった。それには色々と事情があるのでしょうが、そんな事情がなくとも、上野は今改修中で、NHKホールなど論外だし、そうすると、選択肢は一つしかない。1800席の初台では、無理だもんね。

来年は都響の音楽監督に就任なさるし、バルセロナの仕事もあるから、引っ越し公演はないと思うけれど、もし、そういうことがあれば、上野で聴きたいと思う。

« フランス国立リヨン歌劇場 来日公演 「ホフマン物語」(7/9) | トップページ | die Reihe »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/56759131

この記事へのトラックバック一覧です: Ich denke, werde nicht mehr in dort gehen.:

« フランス国立リヨン歌劇場 来日公演 「ホフマン物語」(7/9) | トップページ | die Reihe »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]