2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« Was hatten wir in jenen Tagen gemacht ? | トップページ | N響Aプロ(5/10) »

2014年5月 8日 (木)

今井仁志 ホルンリサイタル(5/7)

昨年はGWの終わりと共に、大野さんマンスリーがやってきて、7月の至福の誕生日まで突っ走ったのですが、今年の大野さんは6月末からでして…それでも、楽しい演奏会満載の日々は訪れたのであります。

ホルン、今井仁志氏、ピアノ、北矢由美氏。

先にお品書きを書きましょう。

「アダージオとアレグロ(シューマン)」
「森にて(ボザ)」
「ホルン五重奏曲(モーツァルト)」
「セレナーデ(バスラー)」
「ヴァルス・ノワール(ビッシル)」
「ホルンとピアノのためのソナタ(ヴィネリー)」
「ホルンとピアノのためのソナタ(マドセン)」
「ゆりかご(草川信)」:アンコール

かなりヴァリエーションに富んだ選曲で、今井さんのホルンを堪能したのですが、マドセンの前に、今井さんが仰った。

「やっぱりオーケストラで演奏するほうが楽しいですね。」

この一文だけでは、ソロを否定しているような感じになってしまうけれど、私は、そこにある微妙なニュアンスを感じ取ることができたと思う。

つい最近、ある人が話していたこと。

「僕はオーケストラ・プレーヤーです。」

その言葉にこめられた意味と、今井さんの言葉は一緒だろう。

だからこそ、乗り番の時に行くのが嬉しいのだから。

« Was hatten wir in jenen Tagen gemacht ? | トップページ | N響Aプロ(5/10) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/56113726

この記事へのトラックバック一覧です: 今井仁志 ホルンリサイタル(5/7):

« Was hatten wir in jenen Tagen gemacht ? | トップページ | N響Aプロ(5/10) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]