2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« コンポージアム 2014 ~ ペーテル・エトヴェシュの音楽 ~(5/22) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.40(5/26) »

2014年5月24日 (土)

パトリック チャリティー コンサート ~ 豊島教会聖堂 修復記念のため ~(5/23)

カトリック豊島教会 は、真知亜さんが学生の頃から通っている教会なのだそうだ(…という表現で合ってる?仏教の檀徒みたいなもの)。今までも何回か、チャペルコンサートをなさっているけれど、豊島教会の聖堂も献堂60年となり、耐震工事の必要が出てきて、そのためのチャリティーを…という訳で。

私はしっかりと仏教徒であり、キリスト教に関しては門外漢ではありますが、真知亜さんの演奏は聴きたいし、ヴィオラの伝道師様もお出ましですし、チェリストは桑田さんなので、のこのこと出かけて行きました。

(Aber haben sie zu mir gesagt “Willkommen”,mit einem Laecheln.Ja,ich war gluecklich war.)

ヴァイオリン、齋藤真知亜氏、ヴィオラ、坂口弦太郎氏、チェロ、桑田歩氏。

「弦楽三重奏曲 変ロ長調(シューベルト)」。この曲は未完の位置づけでして、第一楽章のアレグロだけが完成している。何となく、明るく、弾むような雰囲気を持っている曲だと思った。聖堂はかなり反響するので、音がフワフワとした感じになるのだけれど、後半に向けての様子見(?)として、いいプログラミングであったと思う。

もちろんリハーサルはしていて、音の返り方などは、わかっておられただろうけれど、聖堂内に人が入ると、そこはまた違った感じになりますのでね。

「ゴルトベルグ変奏曲(バッハ/シトコベツキ編)」。次席が留学したとき、一人欠けたヴィルトオーゾ・カルテットで、この曲を聴いた。その時のブログを読み返してみたら、やたら楽しんでいましたのですが、今宵もやはりそうでした。

この数年ぐらいで気づいたんだけれど、私は変奏曲が好きらしい。大曲であっても、室内楽であっても。なんで?と、あえて聞かれると、はっきりした答えはでないけれど、でも、好きだわ。

私の実家が檀家になっているお寺は、牡丹がちょっだけ有名で、その時期だけ木戸銭をいただいて、牡丹を愛でていただいているのだが、実家の母は、長らく木戸番をしていた。檀家さんですべきものだからね。

昨夜も、教会のお世話の皆様が、受付やら、アイリッシュコーヒーの提供やらと、おつとめされていた。

聖堂修復が、つつがなく終わりますように。

« コンポージアム 2014 ~ ペーテル・エトヴェシュの音楽 ~(5/22) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.40(5/26) »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/56299412

この記事へのトラックバック一覧です: パトリック チャリティー コンサート ~ 豊島教会聖堂 修復記念のため ~(5/23):

« コンポージアム 2014 ~ ペーテル・エトヴェシュの音楽 ~(5/22) | トップページ | 旅するヴァイオリン vol.40(5/26) »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]