2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« das Programm der naechsten Saison | トップページ | Ich mag reisen. »

2014年2月28日 (金)

hundert Freunde

「ともだち ひゃくにん」・・・こういうタイトルのテレビ番組があったとしたら、それが小学校入学関連だとわかる人は少なくないと思う。

まど・みちおさんが「一ねんせいになったら」と発表したのは、1966年らしい。「うたのえほん」で放映されてたんだと思うけれど、リアルに「いちねんせいに なったよ」だったので、アニメの絵も思い出せる。

折しも明日から3月。全国の保育園や幼稚園では「おもいでのアルバム」と「一ねんせいになったら」が、歌われていることだろう。

今日、詩人のまど・みちおさんが亡くなられた。私は童謡の詩ぐらいしか知らないけれど(でも、全部歌えちゃうもんね<(`^´)>)、素晴らしい詩人であったことは、合唱曲にその作品が使わていることで、知ることができる。

合唱曲を書く、作曲家さんのブログなどを読むと、詩を選ぶことによって、作品はほぼ決まる・・・みたいなことも書いてあったりして、そうか、言葉とはそれほど大切なものなのかと思ったことがある。

ミシェル・ポルナレフの言葉に

「美しいメロディーは どんな言葉にも合う だから僕は メロディーを大切にしたい」

というのがあって、それは私のお気に入りの言葉でもあるけれど、そればかりでもないとは思う。

歌詞の引用はご法度ですが、まどさんの歌詞には、やさしさが溢れていた。

ご冥福をお祈りします。

« das Programm der naechsten Saison | トップページ | Ich mag reisen. »

音楽・ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

1966年発表でしたか。私が、1年生になった年です、大学の。

>さすらいさん

「ともだち ひゃくにん 」 できましたか(^.^)?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2003008/55176154

この記事へのトラックバック一覧です: hundert Freunde:

« das Programm der naechsten Saison | トップページ | Ich mag reisen. »

ブログパーツ

  • by 無料ブログパーツ製作所
    [PR]